スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すすめ!! 白雪隊

夏休み最後の金曜日、川越プリンスホテルのランチバイキングに行ってきました。
セッティングしてくださったのは、白雪隊の大切な仲間で、
たけちゃんのことをいつも応援して下さる小原田さんファミリー。
ゴールデンウイークにご一緒して、今回は2回目のランチです。
前回に続き、個室を予約してくださったうえに、あらかじめミキサーの持ち込みも確認してくださっていて、
今日はたけちゃんも一緒にバイキングを楽しむことが出来ました。
なかなか外出先ではミキサー食を準備するのは難しいので、
小原田さんやホテル側の方の配慮が本当に温かく身にしみました。
今回は残念ながら主人は仕事でうかがえなかったのですが、
男親同士、ぜひまた一緒においしいお酒をのんでほしいな…と思います。
たけちゃんからも「こんどは ちちもいっしょに よろしくおねがいします」ですって。


小原田家の三女の氣歩ちゃんとたけちゃんが初めて出会ったのは、昨年の秋ごろのきんこんの会だったように思います。柴田先生ご夫妻には思いを伝えられるようになったものの、日常的に通訳が出来る人は周りにいなかった時、中学生の氣歩ちゃんはただじっと、しばらくの間、たけちゃんの手を包んで、優しく見守ってくれていました。
「たけちゃんと話しができるようになりたい」そう言ってくださって、何度もお会いする機会もないのに、1年もたたないで、今日はスラスラと筆談をしてくれる氣歩ちゃんがいました。
たけちゃんと氣歩ちゃんが出会えたこと、きっときっと、大きな風が吹いていたんだと思います。

「たくさん つうやくしてくれて びっくり かんげき
きまった きまった きほちゃんといっしょに いきること」

通訳していて、たけちゃんから鼻歌が聞こえてくる気がしました。
どんなに嬉しかったことかと思います。
氣歩ちゃんと出会えたこと、
筆談という手段でコミュニケーションがとれるということ、
若いこの子たちの力は、これからも大きな大きな風を起こしていくと、ドキドキします。

氣歩ちゃんとスムーズにお話ししている様子を見て、
お母様や二女の氣恵ちゃんも、筆談にチャレンジしてくれました。
初めてのチャレンジですが、お二人とも、…あ、お父様も、
たけちゃんのわずかに指を動かす力を感じ取ってくださって、
「○×がわかった!!」と、とても喜んでくださいました。
ずっとずっと、誰にも言葉を伝えられずにいたたけちゃん、
柴田先生と出会って、きんこんの会のみなさんと出会って、
家族だけでなく、思いを伝えられる人が増えていく…

「いっぱい ちゃれんじしてくれて すごくうれしかったです。
ありがとうございました。
まったくことばがつうじないときにくらべたら ○×だけでも こみゅにけーしょん せいりつ!
また いっしょにあるきましょう」と、
そんなメッセージを残したたけちゃんです。


1日の日曜日は、大好きな大好きなかっこちゃんの講演会が鴻巣であります。
主催されるあゆみさんこそ、たけちゃんとかっこちゃんを、そして、
たけちゃんと小原田さん親子を、直接引き合わせてくださった大恩人です。
1日は小原田さんファミリーも、かっこちゃんの講演会にいらっしゃるそうです。
もちろん、私達も参加します。
ああ、きっと、また素晴らしい時間を過ごせること、間違いなしです。
大きな大きな追い風を受けて、
どこまでも どこまでも 進め!! 白雪隊!!

2013_0830_150627-DSCN1542.jpg


スポンサーサイト

地域でいきいき生きる

長い長い夏休みも、残り少なくなってきました。
学校の大好きなお友達に会いたくて
「早く2学期が始まらないかな~」と思っているのは、
たけちゃんだけではありませんね。

この夏は、猛暑や主人の仕事がなかなか休みをとれないこともありますが、
私がPTAの地区役員の仕事が何かとあって、
県外に出かけることなく、ずっと地元で過ごしていました。
地域のイベントなどに参加すると、お友達から
「たけちゃん、この夏はどこに出かけたの?」とよく声を掛けられて、
「今年はビッグイベントはなくて、この近辺で過ごしていたよ」と答えると、
「えー!!いつもアクティブなのに、めずらしいね~」と、
いつもいつも驚かれてしまいます。
(うふふ、県外に出なかっただけで、それなりには活動していたのです…)
「障害が重くても、移動がどんなに大変でも、
たけちゃん家族は遠出するのが当たり前」と思ってくださっているからこその発言、
そんなふうに声をかけていただいて、なんだか嬉しいなあと胸がポカポカしてきます。

確かに、小学校に入学してからというもの、たけちゃんが大きく体調をくずすこともずっとなくて、
いろんなところに出かけられるようになって、素敵な出逢いや経験に恵まれ続けている日々、
一方で、家からすぐに車に乗り込んで移動するので、
本当にご近所の方なのに、たけちゃんの存在を知らない方もいらっしゃったり、
「そういう子がいるのは知っているけど、見かけないな…」という方もいて、
なんとなくこの地域にしっかり足を付けていないのではないか…という不安が自分の中にありました。
なので、この夏は地域の人にたくさんたけちゃんのことを知ってもらうチャンス!!と思って過ごしてきました。

先日の地域の夏祭りでは、日が沈んでからですが、たけちゃんも一緒に参加しました。
「ずいぶん大きくなったね」とびっくりしてくださる方、
「運動会で座っているところ見たよ、すごいねー!」と言ってくれたお友達のおばあちゃん、
「たけちゃーん、一緒にヨーヨーつろう」と誘ってくれるお友達、
「毎年参加してくれてありがとうね!!」と声をかけてくださる役員の方…
ああ皆さん、ちゃんと見てくださっているんだな…知ってくださっているんだな…と、
ついつい胸に熱いものがこみあげてきます。
櫓の周りでみんなと一緒に盆踊りを踊っている様子を見た市長さんは、
「こういうお祭りで、地域の皆さんと楽しめるなんて最高だね!!」と、
一緒に喜んでくださいました。


昨日のイベントで出会ったあるお母さんは、お子さんが特別支援学校に入学されて、
地域の役員は持ち回りで順番がいずれくるけど、子供会は入っていなくて(入れない?)、
お祭りや運動会などの地域のイベントも、正直参加しづらい…と話されていました。

「たけちゃんは恵まれている」その一言で片づけられてしまうのは、なんだか嫌です。
地域の学校にいても、特別支援学校にいても、障害があってもなくても、
子供は地域の宝で、一人ひとりが大切な存在です。
夏休み後半に、大きな宿題が飛び込んできました。
どの子も地域でいきいきとキラキラと生きるために、
今私が、たけちゃんが出来ることって何かな…

プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。