スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も涙がこぼれるほど嬉しいことがいっぱいありました。
学校から帰ってきて、ひさしぶりにパソコンに一直線に向かっています。

月曜日の1・2時間目は特別支援学級のお散歩の時間です。
今日はいつもとはコースを変更して、
今週末に行われるスリーデイマーチ遠足のコースを少し歩きました。

校庭を過ぎると、全く舗装されていない川沿いをしばらく歩きました。
ほんの少し前までは、ストレッチャーやバギーで砂利道を歩くなんて、
かわいそうだ、とんでもない…そう言われていました。
でも、でこぼこ道のゆれを楽しんでへっちゃらな様子の子供たちの姿を目の当たりにして、
だいぶ周囲の考え方も変わってきたように思います。
「(バギーに乗車している)Yくんやたけちゃんと一緒にコースの下見ができて良かった。
より具体的にイメージできるもんね」と、とても前向きです。

肢体不自由児学級に在籍しているYくんは、
医療的ケアがないので親は普段付き添っていませんが、
何か行事があると、安全の為…と親の付き添いを求められていたそうです。
でもこの頃は「親がいるからできる」「親がいないからできない」という考え方ではなく、
「Yくんにどんな支援があれば、みんなと一緒に参加できるか」そう考える雰囲気ができてきてるな…
と、自分のことのように嬉しくなります。

そんなYくんとは、彼が保育園に行っている頃からの付き合いです。
「はい」「いこうよ」「いいよ」「やだよ」などの発語が引き出されるたびに、
嬉しくて嬉しくて抱きついてしまうのですが、
今日、Yくんの担任の先生が私を指さして、
「誰だっけ? たけちゃんの…?」と問いかけると、
「○○」とYくん。
突然のことでびっくりして、よく聞き取れなかった私。
「ごめんね、Yちゃん、今なんて言ってくれたの?」と聞くと、
担任の先生が「たけちゃんの…?」と、もう一度ふってくれて、
Yくん、「ママ」と言ってくれました~~~!!

すごくすごく感動して、
「Yちゃん、もう一回言って!!」とお願いしたら、
「や~だ~よ~♪」と笑ったYくん。

「きゃ~!!Yちゃん、すごいよー! 嬉しいよー!!」と抱きしめたら、
私に負けない声で「きゃ~!!」と体いっぱいで喜びをあらわしてくれたYくん。
「何回も練習したんだよね。言えて良かったね」と、担任の先生もとっても嬉しそうでした。

その後、結局何回も「ママ」と呼んでもらった幸せ者の私です。


嬉しいことはさらに続きました。

今日は教育委員会の先生方の学校訪問の日だったそうで、
散歩から帰ってくると、ちょうど校内を見回れているところでした。
私ははじめ、その様子を離れているところから見ていました。
校長先生、教育長をはじめ、何人もの先生が話しかけてくださっていました。
スーツ姿の男の人には慣れているたけちゃん、堂々としたものです。
その中でも、ある一人の先生が、一緒にいた担任や介助員の先生にではなく、
たけちゃんにいろいろ話しかけてくださっていました。
介助員の先生が私を手招きして、
「お母さん、たけちゃん、何か一生懸命お話ししている」というので、
いつもの「これはチャンス!!」と、教育委員会の先生方の前で指談しました。

「なんの おもてなしもできませんが きてくれて ありがとうございます」
さすがたけちゃん、流行語を交えて、ちゃんとあいさつしてる…
関心していたのは私や介助員の先生ですが、
突然の目の前の出来事に、教育委員会の先生はあっけにとられているようでした。
「えっ、今のは、手に何か書いたの?」
「はい、とても小さな字ですが、今言ったことは彼が書いた言葉です」とお伝えしました。

「ぼくは このがっこうで はりきっています がんばります」と伝えると、
「ああ、口でしゃべれなくても、こうやって書いて伝えることができるんだね?
それ(指談)は、誰でもできるの?」と興味を持ってくださっているようでした。
「お互いに練習は必要ですが、できる人が増えているのは事実です」と答えました。
「私はまだ、○×くらいしかわからないんですけど…」と介助員さんがおっしゃったので、
「でも○も×もわかるようになったので、数字もすぐにわかるようになりましたよね。
そうすると質問もただ『はい』『いいえ』ではなく、3択、4択と、選択肢がひろがっていくのです。」
とお伝えしました。
教育委員会の先生は、何度も大きくうなずいてくださって、
なかには廊下に貼ってある柴田先生との講演会のチラシにも、
目を向けてくださった先生もいらしたようでした。


そんなことが業間休みの間にあったのですが、
休憩から戻ってきたたけちゃんの担任の先生が、
「お母さん、今校長先生から言われたんだけど…」と話し始めました。
どうも小心者の私は、こう切り出されるとつい身構えてしまうのですが…

「校長先生がね、11月23日にたけちゃんがやる講演会があるでしょ?
あのチラシね、たけちゃんがどんなふうにお話しするのか、
他の先生にも知ってもらえるかもしれないし、
みんなに配っていいよって、言ってくださったの。
私からお願いしたんじゃないのよ。校長先生からそうしたらって言ってくださったの。
お母さん、私、さっそく先生全員分コピーして、
今日の職員会議で配るからね!!」
そう言ってくれたのです。

「うそ!?」私は嬉しくて、おもわず泣いてしまいました。
担任も介助員の先生も、一緒になって「良かったね、私も嬉しい」と
喜んでくれました。
もちろんたけちゃんも。

「はじめて みとめてもらえた きぶん
ほんとうに うれしくて なにだがでてきます
がんばります」

わー、たけちゃん、すごい追い風が吹いたよ!!
だいじょうぶ、だいじょうぶ、きっときっと、良い風にいくね\(^o^)/
スポンサーサイト

たけちゃん、復活!?

國學院大學のきんこんの会、埼玉のきんこんの会、
他のミニきんこんの会にも声を掛けていただいて、
本当にありがたいことに、私達親子はたくさんの仲間にめぐりあうことができました。

いろいろな出会いを通して、たけちゃんは自分の障害と改めて向かいあったり、
過去に先輩達が経験された辛さを知ることになったり、
「自分らしさ」を失わないために、今の時代の流れに逆行するような決断をした仲間がいることも知りました。
重い障害やたくさんの医療的ケアがありながら、地域の小学校に通えるという状況も、
ただ自分が条件が良いということではないことにも、気付いてしまいました。

11月23日に、國學院大學の柴田先生と一緒に講演会をさせていただくのですが、
道を切り拓きたいという気持ちと、先輩達が築いてくださったものをまもりたいという思いの狭間で、ここのところはかり知れないほどの大きなプレッシャーや葛藤と闘っていたたけちゃん、
今日の埼玉きんこんの会の後で、柴田先生の奥様の奈苗さんや先輩の葵ちゃん達に、
いろいろ不安を打ち明けていました。
「(講演をさせていただくのが)自分で本当にいいのか?」「まもりたい」「こわい」…

皆さん、「たけちゃんらしく話せば大丈夫」「たけちゃんだから良いんだよ」と、
温かい言葉をかけてくださいました。



たけちゃんのなかで、何か光が差し込んだようです。
帰宅後、たけちゃんがつぶやきました。
いえ、指談なので、つぶやくというのは少し違うのかもしれませんが、
ふと、おもいついた、そんな感覚がありました。

「にっぽんじゅうに えがおを ふりまきたい」

おー!!前向きな感じ、なんかいいぞぉ!!

小学校のお祭り

土曜日でしたが今日は学校公開日で、小学校のお祭りのため、登校しました。
1年生~6年生の縦割りのグループで、お店(催し物)を出します。
縦割りグループは1年間を通して同じメンバーで、
月に何回か昼休みの時間を一緒に過ごしたり、今回のお祭りの他にも、
イベントで一緒に活動をします。


1時間目にお店の準備を済ませると、すぐに「はじまりの会」がありました。
2013_1019_094638-DSCN1566.jpg
おみこしの入場を盛り上げたのは、地元「東松山太鼓」に所属する4名の6年生。
学校外の活動を披露する場にもなって、とても良かったです。

多くの父兄やご来賓、近くの保育園の先生方などの参加もあり、
大盛り上がりの中、お祭りのスタートです。


たけちゃんは、お店の担当が後半だったので、
前半は他のグループのお店をお客さんとして周りました。

2013_1019_101800-DSCN1569.jpg
「人間もぐらたたき」では、たけちゃんがストレッチャーからでも届くようにと、
その場でハンマーを長めに加工してくれました。


2013_1019_103121-DSCN1573.jpg
こちらは「箱の中身はなんだろな?ゲーム」
たけちゃんが穴に手をつっこんで、中に入っているものを想像した後、指談で回答。
残念ながらはずれてしまったけれど、指談のおかげで、
こういうゲームの参加も楽しめるようになりました。


45分という短い時間のなかでも、お友達と一緒に7か所のお店を回ることができました。


たけちゃんが入学する前の年、お友達に誘っていただいて、
他の学校の公開日にお祭りを見に行ったことがあります。
バギーに乗車しているお友達がとても自然に学校の中で活動してる様子は、
当時の私達親子にはとても新鮮で、嬉しい衝撃でした。

3年生になったたけちゃんを改めて客観的に見た時に、
この学校にたけちゃんがいることが、やっぱりとても自然に見えて、
嬉しく思った今日でした。


お店の係のために教室に向かうと、
去年までたけちゃんの担任だったM先生が、娘さんと一緒に来校してくれました。
二人ともきんこんの会に参加してくださったり、
先週の「誕生学&1/4の奇跡」のイベントにも参加してくださって、
たけちゃんの人生にどっぷり巻き込まれてしまった人です^^;

「久しぶり」と冗談めかしたあいさつをする母の一方で、
「あめ ふってる? ありがとう さむいのに きてくれて」と、
相手を思いやり、大人の対応をするたけちゃん…いやあ、さすがです。


たけちゃんのグループはボーリングで、たけちゃんはボールを渡す係りだったそうです。
ペットボトルを倒すボールは普通のゴムボールからバランスボールまで、
いろいろあって楽しそうでした。

2013_1019_114913-DSCN1586.jpg
他のグループでクラスメイトのしゅうちゃんも、遊びにきてくれました。
車椅子に乗ったお客さんのしゅうちゃんと、ストレッチャーに乗ったお店担当のたけちゃん、
障害のないお友達もみんな一緒に楽しんでいるショットです♪


お祭りが終わった後も、縦割りグループのみんなでお弁当を食べました。
たけちゃんの注入を見たことがない子がほとんどだったので、
いろいろ質問してくれました。


東松山市では毎年11月、全国的にも有名なスリーデーマーチが開催されます。
市内の小中学校も、2日「スリーデーマーチ遠足」と称して、学校単位で歩きます。
前回のケース会議を経て、たけちゃんもみんなと一緒に往復約10kmの道を、
ストレッチャーで参加することが決まりました。
この時に一緒に歩くのも、この縦割りグループのメンバーです。

お弁当の時間を利用して、すかさず上級生にラブコール。

「来月のスリーデーマーチ遠足なんだけど、
今年たけちゃんも一緒に歩くからね、
広い道とか平らな道を、良かったらストレッチャー押すの手伝ってくれる?」
そうたずねると、4年生の男の子が
「やったー!! 俺押したかった♪」と言ってくれました。
まさかそんな答えが返ってくるとは思わなくて、びっくりしました。


今日も嬉しいことがいっぱいの学校でした。

イベントを主催させていただきました。

一昨日の10月12日、地元東松山市の野本コミュニティセンターで、
「誕生学」講演会&「1/4の奇跡」上映会を開催しました。


一緒に頑張ってくれた仲間は、地域の「障害を持つ子の親の会 えんぜる」のメンバー。
2013_1012_124451-DSCN1555.jpg
子供達もその兄弟も、パパももちろんママも、みんなでイベントを盛り上げてくれました。

そして、えんぜると誕生学を繋げてくださった、大切な方
2013_1012_123310-DSCN1553.jpg
左側の目がくりくりの美人さんが、この地域でヨガのインストラクターをされているりえさん。
真ん中のキラキラ美人さんが、誕生学で大人気の講師、青木千景さん。

あと、気付いてくださった方もいらっしゃると思いますが、
「僕のうしろに道はできる」のイベントスタッフTシャツを着て、
ハートオブミラクルさんや白雪姫プロジェクトの大切な仲間の皆さんに、
いつもそばで応援してもらっていた私。
皆さんのおかげで、今日の良き日を迎えることができました。

なぜか当日、子供たちの間でサングラスがはやっていたので、
このシャッターチャンスにたけちゃんも装着♪


りえさんは娘さんのNちゃんと一緒に、素敵な会場作りもしてくださいました。
2013_1012_130128-DSCN1560.jpg
「キラキラのいのち☆ありがとう」
「みんなちがって みんないい」
「ありのあままのじぶんを うけいれてあげよう」
・・・・・・・・・・
風船ひとつひとつに、とっても素敵なメッセージとイラストを書いて飾ってくださいました。
言葉のひとつひとつが胸にダイレクトに入ってきて、見るたびに涙がこみあげてくるのでした。

Nちゃんは市内の別の学校の6年生です。
初めてたけちゃんに会ったときから、たけちゃんのことを大好きになってくれて、
たけちゃんと話しがしたいと、今度埼玉きんこんの会にも参加してくださいます。
本当に心の温かい子で、イベント当日も、いっぱいたけちゃんに話しかけてくれました。

「はじめから ずっとそばにいてくれて なみだがでるほどうれしい ありがとう」
そう、たけちゃんがつたえると、はにかむNちゃんとは対照的に、大粒の涙をポロポロ流された、お母さんのりえさんと千景さんでした。
ああ、かっこちゃん、たけちゃんの周りはいつもいつも温かいよ…


2013_1012_134921-DSCN1562.jpg

誕生学の講演会、千景さんの優しい語り口によって、
「ただ生まれてくる」そのことが、
どんなに奇跡的で、神秘的で、尊いことなのか、
会場全体でそのことを温かく受け止めることができた時間になったと思います。

会場にはケーブルテレビの取材が入っていましたが、スタッフの方が
「仕事だから絶対に泣いてはいけないのに…」と言われながら、
ポロポロ流れる涙を何度も何度もぬぐっている姿が、とても印象的でした。

ご家族連れでいらしてくださった方もいましたが、
「私も子供も一緒に連れてくれば良かった。」
「今はただ生まれてきてくれてありがとうと、子供にも自分の両親にも、言って抱きしめたい」
・・・・・・・・・・
そんな素敵な素敵な感想の声をいただきました。


誕生学講演会の終了間際、一人の女性が会場に到着しました。
たけちゃんもかつてレスパイトでお世話になったS医師です。
S先生は在宅で過ごす子供達のことを、いつも心から考えてくださっている、本当に素敵な方です。
「『1/4の奇跡』は、前から観たいと思っていたの。
今日は絶対にイベントに参加したかったから、診察もあらかじめ前倒しして間に合うようにしていたけれど、最後の患者さんが時間かかってしまって、遅れちゃってごめんなさい。」とおっしゃいました。
本当に本当にお忙しい先生なのに、こうして会場に足をはこんでくださることが、
私達親子にとってどれだけ大きな勇気につながるか、ただただありがたい気持ちになるのですが…

「ねえ、あれってもしかして、たけちゃんが書いた言葉なの?」と声をかけていただきました。
実は会場内にパネル1つぶん、鹿児島の大切なお友達のひろとくんの絵とたけちゃんの言葉を飾らせていただいたのです。
2013_1014_104844-DSCN1565.jpg
別の件で、ひろとくんのお母さんの章子ちゃんが絵を送ってくださったのですが、
せっかくの機会なので、一緒に飾らせていただいて、
「どんな子にも思いがあるよ。その表現方法は違っても、みんなに深い思いがあるよ。」とお伝えしたかったのです。

S先生に、筆談(指談)のこと、きんこんの会のこと、そこで話される子供たちの言葉をお伝えしました。たけちゃんの言葉を、何枚も写真に撮ってくださって、「私も周りに伝えさせていただくよ。たけちゃん、これ、本にして、たくさんの人に伝えたほうが絶対いいよ!!」と、嬉しい言葉をかけてくださいました。

S先生の他にもたくさんの方がひろと君の絵やたけちゃんの言葉に見入ってくださって、心から「すごい、すごい」と感想を言ってくださいました。



「1/4の奇跡」の上映会では、子供達も真剣に観てくれました。
2013_1012_151751-DSCN1563.jpg

「どうして1/4なのか、その理由がよくわかった。」
「自分も1/4の人に支えられていると再確認した」
「大丈夫という言葉が心に響いた」
・・・・・・・・・・

たくさんの方に雪絵ちゃんの願いが届くように、
大好きな大好きなかっこちゃんに出逢っていただけるように、
私も微力ながらお伝えさせていただきました。
本当にたくさんの方が本を買ってくださって、
「私も知ってしまったから、周りに伝えていくよ」
「『僕のうしろに道はできる』もぜひ観たい」
「かっこちゃんにお逢いしたい」
「私の地元でも自主上映会したい」
と、嬉しい言葉をまたまたたくさんいただきました。

イベントに参加される前と後で、明らかに違う皆さんのお顔を拝見して
「ああ、やって良かった」と満たされる思いでいっぱいになりました。
それと同時に、次の展開でいろいろなイメージが湧き上がってくるのを感じました。
何度もイベントや上映会を開いてくださっている仲間の皆さんの気持ちが、
なんだかちょっとだけ実感できた気がしました。


講師の千景さんを駐車場に見送る時、空はとても夕焼けがきれいでした。
私はなんだか、宇宙がとても喜んでいるように感じてなりませんでした。
虹を探したけれど、残念ながら見つからなくて、でもあふれる感謝の思いで空を見上げました。
雪絵ちゃん、あーちゃん、離れた場所から応援して下さったたくさんの皆さんに、
「本当のこと、大切なこと、お伝えすることができました。ありがとう。」とお礼を言いました。


残念ながら虹は見れなかったのですが、最後にびっくりなサプライズ!!
もう真っ暗な中帰路に向かう途中、なんと季節外れの大きな打ち上げ花火が、
まるで私達親子を祝うように上がったのです。
一発、二発、三発…車の中で、もちろんたけちゃんも一緒に見ました。

ああ、やっぱり大成功!!
幸せをかみしめる一日の終わりでした。



嬉しいことがあふれているのです。

先日、図書室で授業を受けている時です。
吸引の為携帯で呼ばれてたけちゃんのところに行くと、
いつもは吸引しやすいように先生方が準備してくれているのですが、
その時は3人の先生方がたけちゃんを取り囲んだままでした。

私の到着に気付くと、先生方が一斉に「お母さん、わかったよ!!」と興奮気味です。
「今ね、たけちゃんに『吸引してもらいますか? ハイだったら○を、イイエだったら×を書いて』って言ってね、
お母さんはいつもここに立って、こうやってたけちゃんの腕を支えて…って、3人で思い出しながら確認したらね、
たけちゃん、指でね、確かに○って書いてくれたの!!
ここで見ていて、絶対たけちゃんが書いているってわかったよー」と担任の先生。

指談をしてくれた介助の先生は「鳥肌立ったー」と言って、
「本当に、お母さんが言うとおりだ。小さな動きだけど、確かにたけちゃんが書いてるのがわかるの!!」と涙目。

「わあ、先生、すごいすごい!!×よりも○のほうがわかりずらいのにね。
じゃあ、明日からは数字で答えてもらいましょうね。
数字がわかったら、平仮名だってすぐにわかるようになりますよ。」と声を掛けると、
「たけちゃんと、いっぱいお話しができるようになるね。
うんうん、明日から、数字で答えてもらおう!」と、
本当に嬉しそうに話してくださいました。

そして、翌日には介助の先生だけでなく、担任の先生も、
指で○と×がわかるようになりました。


今日の4時間目に入る前、たまたま教頭先生がたけちゃんの教室の前を通りかかりました。
「たけちゃん、これから何の授業ですか?」と声を掛けてくださいました。
「今理科の観察で3年1組のみんなと外に行っていました。
4時間目は2階に上がって、国語を受けてきます。」
返事をしたのは担任の先生です。
でも、声を掛けた時もその後も、教頭先生の視線はずっとたけちゃんに向いたままです。
そして、手元を見ると、教頭先生の手がたけちゃんの手を下からそっと支えるようにしてくださっていたのでした。

ほんの少し前、先生方がたけちゃんのところで少し足を止めて、たけちゃんの視線に合わせて声をかけてくださるのが嬉しいと感じたのに、いったいいつからでしょうか?
本当にいつの間にか、たくさんの先生方がたけちゃんの手をとって話しかけてくださっているのが思い出されてきました。

もちろん、指談を試みようとかそういうことではありません。
でも、たけちゃんに寄り添い、思いを確認しようとしてくださっていること、
自分のペースとは違うたけちゃんのペースに丁寧に合わせようとしてくださっているのが、
手を添えるという行為にとてもあらわれているように思うのです。

先生だけではありません。
子供達もやっぱり、話しかけるのもたけちゃん自身だし、
見よう見まねで指談をやってみたり、「いっぱい動くように」とたけちゃんの指をマッサージしてくれたり…

周りのみんなが、たけちゃんに思いがあると思ってくれていて、
なんとかその思いを引き出したいと思ってくれている…
きっと私の思いこみなんかではなくて、そうなんだなあと思います。

そして、そんな皆さんの気持ちに答えようとしているかのように、
たけちゃんの指も、かってないほどしっかり握って反応するようになってきました。
リハビリのどの先生も「たけちゃん、この頃、本当に指に力が入るようになったよね」と言ってくださいます。

大好きという気持ち、相手を知りたいとか自分を知ってほしいとかいう気持ちは、
いくつものスイッチをオンにしていくのかもしれませんね。

続・たけちゃんとお月さま

先日書いた「夏休み作品展」や「たけちゃんとお月さま」に、たくさんの方から温かいコメントをいただきました。かっこちゃんのメルマガでも、豪華3本立てで紹介していただいて、もう本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

たけちゃんのお友達の一人に、速水さんという写真を撮るのがとても上手な方がいらっしゃいます。
お友達といっても、たけちゃんは孫の世代にあたるのでしょうか…!?
「僕のうしろに道はできる」が上映された下北沢のトリウッドで、たまプラーザのきんこんの会で、「ゆずりは」のイベントでも再会させていただきました。

そんな速水さんが、たけちゃんのブログの記事をご覧になって、ご自身が撮影された十五夜の満月の写真に、たけちゃんの言葉を入れてプレゼントしてくださいました\(^o^)/

たけちゃんの言葉と十五夜の満月

速水さんのお月さまの写真は、おもわず息をのむほどの美しさですが、たけちゃんと出逢ってくださった方がこうして、世代を超えてたけちゃんの言葉とおしみなくコラボして下さったこと、幸せだな…と思うのです。
プロフィール

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。