スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

昨日は小学校の運動会がありました。

この学校の児童でありながら、競技に参加することができないたけちゃん、
小学校生活最後の運動会を迎えるお姉ちゃんの応援という名目があったとしても、
やはり微妙な立場に、胸のざわつきを感じていたようです。

たくさんのお友達やママ達が事前に
「運動会、たけちゃんも来られるよね!?楽しみにしてるよ。」と声かけてくれました。

同じクラスのしゅうちゃんのママは、
「うちが借りた駐車場に車を停めればいいからね。」と、
当日の朝、駐車券をわざわざ届けに来て下さいました。

1・2年生の時の担任だったAちゃんも、
心配して朝からメールをくださいました。

まだ1度もお話ししたことがないお母さんもたけちゃんの姿を見て
「元気になったんだね。良かった~!!」と声をかけてくださったり、
たけちゃんが来ていると聞いて、校庭1周して顔を見せてくれたママもいました。

他にも保育園の時の先生や、お姉ちゃんの以前の担任の先生方など、
本当にたくさんの方がたけちゃんに声をかけてくださいました。

市内の他の学校のお友達のNちゃん親子も、今年も顔を出してくれました。
卒業生や他の学校に移動された介助員の先生方とも、嬉しい再会がありました。

そして、運動会本番を迎えて元気いっぱいの子供達も、
たけちゃんの存在に気付くと、たくさん話しかけてくれました。

ところがたけちゃん、昨日はほとんど目を開けることがなかったのです。
日陰にいたので、暑くて辛いというほどでもないし、
まぶしくて目が開けられないということもありませんでした。
モニター上は寝ている様子もないし、体調も安定しています。
父兄がたくさん来ていてつらいということも、考えづらいことでした。
目を閉じて耳からの情報に集中しているというよりも、
あえていろんな情報をシャットアウトしているようにさえ感じました。

ある4年生の子が
「たけちゃん、今年は運動会の練習できなかったから、一緒にダンス踊れないね…
でも、こうして見ているだけでも、一緒に参加してるってことだよね。」と言ってくれました。

競技で大活躍したあと、わざわざたけちゃんのところまで駆け寄って
「ねえねえ、たけちゃん、見ててくれた!?」と聞かれても、
「あ、次、お姉ちゃんの番じゃない?」と促されても、
かたくなに目を閉じているばかりでした。


「たけちゃん、昨日の運動会どうだった?」
一夜明けて聞いてみると、たけちゃんがとても意外な言葉を口にしました。

「はっきりいって よく おぼえていないよ
ぼくは みんなとちがうからだでうまれてきたから 
みんなとちがうじんせいをおくるのは わかっている。
でも じぶんのがっこうのうんどうかいなのに
ぼくのいばしょは どこにもなかった。
ぼくはただ めをつぶっているしかなかった。」

ああ、やっぱり・・・と、胸が痛みました。
でも、たけちゃんが正直に言葉にしてくれるのが嬉しかったです。

「うんうん、たけちゃん、思っていること、全部言って良いよ。
泣いたって、怒ったって良いんだよ。」そう言うと、
「ふーん!!」とひとつ、大きなためいきをついてから、
また指談で言葉を綴ってくれました。

「おとなのりゆうで ぼくががっこうにいけないということを 
こどもたちは だれも りかいできないとおもうよ。
がっこうにいっても まわりはおとなだらけだし
いますぐにでも ばっくれたい きぶんだよ。」

仕方がないことかもしれませんが、リハビリという授業の間、
たくさんの先生方がたけちゃんのそばにいます。
大人が複数集まれば、雑談も生じてしまうのです。
その時間はたけちゃんにとって大切な1時間であるはずなのに、
たけちゃんと全く関係のない話しも、たけちゃんの前で平然とするのです。

「えー!? たけちゃん、ばっくれるなんて言葉、使うんだ(驚)
じゃあさ、今度のリハビリ登校、ばっくれちゃう?(笑)」と冗談で聞くと、

「まいにち がっこう いきたいよー
おかあさん なんとかしてよー」と、
めずらしくストレートに伝えてきました。

ここで通訳はお姉ちゃんとバトンタッチ。
「もしかしたら、お母さんに面と向かって話しづらいこともあるかもしれないから、
ここからはお姉ちゃんが通訳してくれる?」とお願いしました。

私は離れていたのですが、結局お姉ちゃんに伝えた言葉は
「がっこうにいきたいのに どうして ふつうにいけないのか。
ふつうに がっこうにいきたい。
きもちが わかってほしい。」
ということだけだったそうです。


「じゃあ、これからどうしたら良いかな?
教育委員会の先生と1対1で話したい?」

『×』

「学校の先生と、1対1で話したい?」

『○』

「間に誰かに入ってもらおうか?」

『×』

ここでまた、通訳を交代しました。
お姉ちゃんもつらいし、わからないのです。
「たけ、元気になったのに、どうして学校にいけないの?」
たけちゃんの気持ちが、誰よりもわかるお姉ちゃんですから。

「たぶん そしきには なにをいっても こたえはかわらない。
でもぼくは ひととひととのかかわりのなかで いきているんだ。
ひとと はなしがしたいよ。
ぼくのことを まっしょうめんから むきあってくれるひとと」

痛烈な言葉です。
大人の都合をこんなにもわかっていて、
こんなにもがまんして、こんなにも傷ついている。

たけちゃんにとっては、本当に苦い運動会となってしまいました。
こんな思いは、もう二度と、誰にも、あじあわせたくありません。


2014_0524_142846-DSC_0060.jpg






スポンサーサイト

「なんで?」と「大丈夫?」

天気予報通り、今日は久しぶりに雨が降っています。

たけちゃんの学校は今週末運動会で、今日は予行練習の予定だったそうですが、
今日の雨の予報で、前日の昨日に予行練習が変更になりました。
昨日は1週間に1度のたけちゃんのリハビリ登校の日で、
校長先生が前日にわざわざ電話をくださいました。

「こちらのスケジュールが変更になってしまって、
明日は予行の見学という形になってしまって申し訳ないのですが、
でも、明日小西君が来るの、待っていますからね~。」と。

いえいえ、リハビリ登校だとしても、こちらは特別なことをして頂きたいわけではないのです。
かえって、全学年が集まる場にいられるのは、すごくラッキーだと思いました。

たけちゃんが登校したのは1時間目が終わる少し前の時間で、
校庭では子供たちが開会式で歌う歌の練習をしていました。

「このあと、休み時間になると、子供たちがわーっと動いて、砂埃がたつだろうな…
砂埃がすごいと、たけちゃん、大変だよな・・・」
校長先生と教頭先生とで、たけちゃんの見学場所について、
いろいろ検討してくださっています。
「大丈夫ですよ。」とお伝えしましたが、先生方が心配に思う気持ちもわかるので、
案内に従いました。

予想通り、休み時間の合図で、子供たちが駆けてきて、
たけちゃんのところにも、いろんな学年のお友達が来てくれました。

5年生:「たけちゃん、久しぶり!! 入院してたの?」
母   :「うん、1カ月だけ入院して、もう元気になったよ。」
5年生:「えっ、1カ月しか入院してなかったの? じゃあなんで学校、来なかったの?」
母   :「う~ん、たけちゃんも行きたかったんだけどね・・・(^_^;)」

3年生:「たけちゃん戻ってきたんだ!! じゃあ、またなかよし(特別支援学級)に行くね!!」
母   :「わあ、ありがとう。休み時間、また一緒に遊ぼうね。」
3年生:「じゃあ、今日のお昼休み、なかよし行っていい?」
母   :「たけちゃんは、2時間目終わったら帰らなきゃいけないんだ、ごめんね。」
3年生:「ええ~!!来たばっかりなのに、もう帰っちゃうの~!?なんで~???」

6年生のHくんは、周りでみんながいろいろ話していたので、ただそこにいてくれたのですが、
たけちゃんの口角からよだれが流れるのを見ると、
何も言わずに、そっと拭き取ってくれるのでした。
6年生の彼がどうしてこんなにも自然にそんなことができるのか、
嬉しくて彼の優しさに胸がいっぱいになるのです。

去年は別校舎で、ほとんど関わりをもてなかった2年生もそばに来てくれました。
でも、どんなふうにたけちゃんと接したらいいのかわからなくて、
たけちゃんの様子をただ見ていました。
ラッキー♪みんな体操着を来ているので、名字だけはわかります。
「○○くん、こんにちは」そう言って、たけちゃんの手を前に差し出すと、
はじめての子もそっと優しく握手してくれました。

そばで様子を見ていた先生達が、口々に
「ほら~、砂だらけの手でさわっちゃだめだよ~」とおっしゃいます。
たけちゃんのことを心配してくださってのこと。
でも、私、たとえ泥だらけの手でも、たくさんの子たちに
たけちゃんに触れてほしいな~と思っているのです。

「大丈夫です。」ここでも私はそう言います。
残念ながら、たけちゃんは自分の手を自由に動かすことができません。
誰かに手伝っていただかないと、感染の入口になる気管切開部や顔に、
自分の手で触れることができません。
吸引などで、清潔が必要なのは私の手です。
たけちゃんの手は、汚れたら後で洗えばいい。
・・・というか、そもそもその程度で病気をもらってしまうほど、
箱入りで育てられていないのです(^_^;)

上の学年の子供たちの様子を見て、1年生も集まってきてくれました。
たけちゃんのことを、ほとんど見たこともない子達です。
ストレッチャーに横になっているたけちゃんが、不思議でしょうがないのです。
1年生:「この子、どうしたの? なんで寝てるの?」
3年生:「寝てないよ!! この子じゃないよ、たけちゃんだよ!!」
1年生:「・・・???」
母   :「はじめまして。4年生なの。よろしくね。」
1年生:「・・・???」
母   :「ほら、1年生、かたまっちゃってるよ。上級生、1年生にたけちゃんのこと紹介してあげて。」
3年生:「たけちゃんのこと、好き? 私、好き!! うふふふ・・・」

10分間の休み時間は、あっという間に終わって、
また砂埃をあげて、子供たちが校庭に集合していきました。
入れ違いで、交流先の4年生の担任の先生がたけちゃんに声をかけてくださいました。

「たけちゃん、おはよー!!
あ、今日は顔色も良いし、良い感じだね~。
1組さんね、4月からいつも誰かしらお休みの子がいて、今日、やっと、全員そろったの。
それで、2時間目が終わった後、みんなで集合写真撮るから、たけちゃんもよろしくね!!
外だと砂埃がすごいから、教室の前の廊下で撮ろうかなって。

たけちゃんは砂埃とか大丈夫なの?」

いつからでしょうか?
これまでにもたけちゃんのことを、本当にたくさんの方に「大丈夫?」と声を掛けていただいてきました。
皆さん、心からたけちゃんのことを心配してくださっての言葉です。
ところがこの「大丈夫?」の言い方と態度で、
「この人は、親なのにそんなことも配慮できないのか?と思っているんだろうな…」ととらえるか、
「ああ、この人は、一般的にはこうだけど、たけちゃんの実際はどうなのか知ろうとしてくださっている」ととらえるか、
もう、これは私の思いこみでしかないのですが、2つに分けてしまう自分がいます。

担任の先生の「大丈夫?」は、後者に感じました。
疑っているというより、知ろうとしてくださっている・・・

「ここに『人工鼻』というのがあって、この中に優秀なフィルターが入っているので、
いろいろ取り除いてくれるので、大丈夫なんですよ。」とお伝えすると、
「そうなんだ!」と、すごく驚かれたような、納得されたような表情をされて、
「じゃあ、たけちゃん、またあとでね~」と、子供たちのもとに戻っていかれました。

たけちゃんのことを「大丈夫」と言う時、
経験だったり、備えだったり、たけちゃん自身の言葉だったり、
そう言うだけの根拠が必ずあります。
それを言っても、たぶん自分の目で確かめて経験しないと、この人にはきっと信じてもらえることはないだろうな…と、
思いこみで分けることは、ああ、やっぱり良くないな…と反省するのですが、
なかなか器の小さい私です。


たけちゃんの学校は、校舎と校庭で高低差が少しあって、校舎に戻るには上り坂があります。
予行練習が終わり、またたけちゃんのそばに来てくれた子供たちに、
上級生を中心に「押すの手伝って~!!」と声を掛けると、
あっという間に私が持つところもなくなるほど、たくさんの子が手伝ってくれました。

手持無沙汰にしている私のところには、仲よしのRちゃんとTちゃんが抱きついてきてくれます。
Rちゃん:「ねえねえ、今日から毎日学校に来れる?」
母    :「うーん、まだ毎日は来れないな~」
Rちゃん:「えー!! なんでー??」
母    :「…なんでだろうね~」
Tちゃん:「じゃあさ、土曜日に学校来れば?」
母    :「やだ、みんなのいない学校になんで行くのよ?」
Tちゃん:「えー、だっていつも学校に来ちゃいけないんでしょ?」
母    :「今は、まだね…来週、今度は水曜日に来るよ。」
Rちゃん、Tちゃん:「えー!! なんでー??」

短い時間の中で、たくさん「なんで??」って、子供たちに聞かれちゃったな…
たけちゃんのことは、たいてい答えることができたのに、
今回のことは、私、やっぱり答えることができないな…


昨日は放課後、PTAのパトロール当番もあって、たけちゃんにも付き合ってもらいました。

実は、12月の退院の時、担当の先生に
「呼吸器を外せる時間は、長くても1時間で、たぶんこれ以上長くすることはできないでしょう。」と言われいたのですが、
家に帰ってきて、どんどん回復してきたたけちゃん、
反応と共に、呼吸状態もずいぶんしっかりしてきました。
それで、自分で呼吸する時間を少しずつのばしていたのですが、
先週の土曜日、定期受診での検査結果もまずまずで、
日中、連続で8時間、呼吸器を外すことにチャレンジしはじめたのです。

16時、呼吸器をはずして7時間が経っても、たけちゃんの呼吸はずっと安定しています。
雲が多くなって、気持ち良い風がふわっと吹くと、
自然とたけちゃんから笑みがこぼれました。

「たけちゃん、今日学校に来ていたの、見たよ~」と声を掛けてくれる子や、
卒業して中学生になった子も、たけちゃんを覚えてくれていて、
あいさつしてくれて帰っていきました。

同じ4年生のSちゃんは、少し男勝りの性格で、
自分から男の子にも喧嘩をふっかけて、小さな傷をつくらせちゃうことがしばしばあるのだとか…
そのSちゃんがたけちゃんの前を通り過ぎる時、またふわっと風が吹きました。

「たけちゃん、笑ってる…、うふふ…」
Sちゃんが気付いて、足を止めてくれました。
一緒に帰ってきた子達も、「あ、本当だ、うふふ…」と、
ほんの10秒たらずのことでしたが、一緒にほほえみあっていました。
たけちゃんの笑顔で、Sちゃん本来の女の子らしい笑顔が見えました。
それを見たお友達も笑顔になって、たけちゃんの笑顔も続きました。

ああ、お友達って、本当に嬉しいです。


「リハビリ」という名の授業

ここのところ、昼夜逆転気味だったたけちゃん、
体調は落ち着いているのですが、
毎日学校に行くというモチベーションがないと、
なかなか生活リズムを整えるということも難しいものです。

そんな中、2日(金)、学校に戻るための「リハビリ」という名の準備登校がありました。
いきなり子供達の中に入れるのは、たけちゃんも疲れてしまう・・・という理由で、
初回は放課後16時~。
学校に到着すると、まだ下校していなかったのは5~6年生の何人かでしたが、
それでも、こちらに気付いて「たけちゃ~ん!!」と手を振ってくれたり、
顔を見にきてくれたり・・・
上級生の女子にも、あいかわらずモテモテさんです。

同じクラスのしゅうちゃんもまだ下校前でした。
「(運動会)たけちゃんは青組だって。しゅうは黄組…

(担任の)先生に聞いたんだ。
『どうして、たけちゃん、まだ学校に来ちゃだめなのか?』って
まだ、準備が整ってないって言ってた。どうしようもないんだって…」

しゅうちゃんがたけちゃんのことを思って、
どんなにか勇気を出して聞いてくれたんだろうかと思うと、
涙が出そうになります。

「ありがとう、しゅうちゃん。
みんなが先生に聞いてくれる。そのことが本当に嬉しいよ。
少しずつだけど、良い風になってるよ。
また来週も来るからね。今度は2時間目だよ。」と伝えました。

教室に入ると、6年生のKくんが顔を出してくれました。
「今日はたけはるくんが来るということで、ちょっと寄ってみました。」と。
去年まで特別支援学級に在籍していましたが、
6年生から普通学級で頑張っているとのこと、
ちょっと見ない間に背がずいぶん伸びて、びっくりしました。

たけちゃんが入学した当初から
「たけはるくんは、どうしていつもお母さんが一緒にいるんですか?
お医者さんか看護師さんが学校にいればいいのに…」
「たけはるくんは階段の移動はどうするんですか?
必要なのに、どうして学校にエレベーターがないのでしょうか?」
こちらが疑問に思っていることを、いくつも言葉にしてくれた、
頼れるお兄さんです。

普通学級に移ってからも、なかよし(特別支援学級)のこと、
たけちゃんのこと…とても気にかけてくれてる話しをしてくれました。


たけちゃんの特別授業では、なんと校長先生が号令をかけてくれました。
わ~、なかなかこういう経験も貴重ですね。
なかよし1組の先生が
「校長先生ね、入学式の日に歌を唄ったんだよ。
たけちゃんも、いつか聞かせてもらえるかな?」と耳打ちしてくれました。
「いえ、あれは1年生に向けて唄った歌で、4年生のたけちゃんにはふさわしくないので、
唄いませんよ~」と慌てていらした校長先生、
周りが大人だらけ…というのは、やっぱり学校らしくないけれど、
先生方がとても温かい空気を作ろうとしてくださっている配慮が嬉しかったです。


生活リズムが不安定気味で心配していたものの、さすがはたけちゃんです。
学校に着いたとたん目をしっかり開けて、これまでの話し合いの時とは全く違う顔です。
明らかな表情の変化に、教育委員会の先生も学校の先生もびっくりされていたので
「おっ、勉強モードのスイッチが入ったね~」と補足しておきました。


まずは先日行われた離任式の様子を、写真を使ってお話ししてくださいました。
見るのはまだらくではないのに、しっかりと写真を見ていることをアピールできたたけちゃん、
すごいな~、家にいる時と全然違う…と、ただただびっくりしました。

次に、なかよしの自己紹介カードを作成しました。
「すきなこと」の欄には、筆談で「うちゅう」と書きました。
顔写真も貼るということで、呼吸器から人工鼻にきりかえて、
座る様子も見ていただきました。

それから、交流の4年生の教室も確認に行きました。
教室には全クラス、担任の先生がいらしていて、紹介もしていただきました。

交流先のA先生は笑顔で、
「たけちゃん、久しぶり~。みんなたけちゃんが来るの、本当に楽しみに待ってるよ。」と
迎えてくださいました。

座席は廊下から2列目、前から2番目の席でした。
わあ、いつも一番後ろの席だったのに、
今年はみんなの中にたけちゃんの席があるんだ…
たけちゃんもびっくりしていました。嬉しいね、たけちゃん。

「それから、係りは確か飾り係りだったかな?」という言葉通り、
「飾り係り」の下にはお友達の名前に混ざってたけちゃんの名前がちゃんとありました。
そして、
「小西君が学校に来たら写真をとります。」というメモが貼ってありました。

「係りごとに写真を撮ったんです。
なので、飾り係りは小西君が来てから…と子どもたちに言ってあります。」と
A先生が教えてくださいました。
年度始めに撮るクラスの集合写真についても、
「来週時間を作るので、その時に一緒に撮りましょう。」と言ってくださいました。

きっと、交流の先生となかよしの先生とで話しあって決めてくださったことだと思います。
嬉しくて、ありがたくて、涙がこぼれそうになりました。

なかよしの教室に戻って、改めて来週の予定を伺いました。
他のなかよしの子との交流も計画されていました。
こちらからも、呼吸器のことについて少しお話しさせていただきました。


1時間弱の授業はあっという間に終わってしまいました。
「たけちゃん、今日はどうだったかな?」と聞いてくださったので、
先生方の前で指談しました。


「ありがとうございました。
ぼくのために こんなに よくしていただいて。
もっと げんきになります。」

やっぱりとても大人なたけちゃんでした。



プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。