スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目の上映会も大成功でした!!

『僕のうしろに道はできる』少人数制上映会、
3回目の今日は、地域の活動センターの広い和室をお借りして開催しました。

地域の障害を持つお友達やその兄弟、
学校のお友達の親子、
誕生学と『1/4の奇跡』上映会のイベントで出逢ってくださった親子・・・と、
今日は小・中・高校生の参加もたくさんありました。

100分近い映画でしたが、どの子もとても真剣に映画を観てくれて、
心いっぱいに受け止めてくれました。

「医療の常識を変えなければいけない。」

「あきらめなければ、病気は治るってわかった。」

「かっこちゃんや宮ぷーさんに逢いたい。」

「病気が治ると信じて頑張っていてすごい。」

「かっこちゃんや柴田先生に出逢ってほしい。」

どの子の心にも、大きな灯りがともったようでした。


上映後、みんなで意見交換をした後も、皆さん残ってくださって、
自然と指談の練習が始まりました。

3年生のHくんは、とても恥ずかしそうに、でも私の目をしっかり見て、
「たけちゃんとお話ししても良いですか?」と聞いてくれました。
手の支え方をお伝えして、○×を書くのを感じてもらうと、
たけちゃんの指先の動きをじっとみつめながら、
「何か書いているのはわかります。」と言ってくれました。
私ははじめからは、たけちゃんの指の動きを感じることができませんでした。
Hくんの背中に文字を書いて当ててもらい、
「今、背中は見えなかったけど、感じてわかったでしょ!?
背中で感じたように、指先でたけちゃんの動きを感じてみて。」と伝えて試してくれて、
さらに、
「たけちゃんは×を書いて、でも、Hくんは○を書かせるように意識してみてくれる?」
そういうと、そばで様子を見ていたHくんのお母さんでもわかるくらいに、
たけちゃんの動きをしっかり感じてくれていました。

同じ学校のMちゃんも同じようにたけちゃんの手をとってくれて、
○と×がわかったと言ってくれて、
後からお母さんがメールで
「心で感じたよ。」と話してくれたことを教えてくれました。

クラスメイトのしゅうちゃんも、
言葉はまだわからないけれど、
まっすぐな線と曲線の違いはしっかり感じてくれていました。

2学期が始まったら、しゅうちゃんもMちゃんも、
また学校でお話ししようねと言ってくれました。


私がたけちゃんと、子供達に指談の方法をお伝えしている一方で、
今日初めて、特別支援学校2年生のJ君と、ひなが指談の練習をしてくれました。
私はその様子を全く見ることができなかったのですが、
Jくんのお姉ちゃんがとても嬉しそうに
「Jが初めて字を書いたの!!宝物にする!!」と、
見せてまわっていたのを見て、
またまた胸にこみ上げるものがありました。

帰りがけにJくんのママとようやく言葉をかわすことができて、
「今日は本当にありがとう。
映画も観れて、Jの言葉も初めて聞けて嬉しかった。
私も心を入れ替えて、勉強するよ。」と、
本当に幸せそうな笑顔を見せてくれました。


帰りの車の中で、ひなにJくんがどんなだったのか聞きました。

「いつもみたいにね、指で○×を書いてもらったの。
そしたら、すぐに、書いてくれたからね、
筆談もできると思って、ペンを持ってもらって、
名前書いてって言ったら、それもすぐにできたの。
すごくわかりやすく動かしていたから、
Jくんはあいうえお表もできるんじゃないかな?と思ったの。
Jくんとやりたいと思って。
それで、紙の右側にあいうえおって、左側にかきくけこって書いてね、
真ん中にJくんの手を置いてね、
『この10個の文字を使って、好きな言葉を教えて』って言ったらね、
け→え→き の順番で、文字を指でさしてくれたの。
Jくん、ケーキが好きなのかな!?」

ひなが、にこにこと話してくれました。
私は涙が止まらなくて、車を運転中だというのに、号泣しました。

生まれつきの障害があって、
きっと文字を書いたことがなかったJくんが、
たけちゃんの6年生のお姉ちゃんの援助で、初めて字を綴れたことも
もちろんすごいし、嬉しいと思いました。
それ以上に、ひなが「Jくんはあいうえお表が使えるかもしれない」と思ったこと、
その場で即席であいうえお表を準備したこと・・・
私だったら、きっとJくんの言葉を引き出すことに夢中で、
指談や筆談のその先の可能性まで、思いを寄せられなかったと思います。

「ねえ、Jくん、他に何か言っていた?」
ひなにそう聞くと、

「生まれて初めて、自分の気持ちが言えて嬉しいって。」

そう言うひなの顔は、まるで観音様のように美しくて、
やっぱり私は泣けて泣けて、仕方がありませんでした。


1年前には届かなかった思いが、今、
たけちゃんの周りで、すごい勢いで届き始め、
渦がますます大きくなっていくのを感じます。

かっこちゃんに逢いたい人、
柴田先生や奥さんの奈苗さんに逢いたい人、
きんこんの会に参加したい人、
本気で指談の支援ができるようになりたい人・・・

今までの常識は、もう、
変わり始めているのです。


スポンサーサイト

『僕のうしろに道はできる』

昨日はいつもお世話になっているレストラン、RICE ON RICEで、
2回目の『僕のうしろに道はできる』の少人数制上映会をさせていただきました。

今回はあいにくの雨の中、10名をらくに超える方々に、映画に出逢って頂きました。
介護・福祉に携わっている方が多く、
白雪姫プロジェクトのことも、この映画のことも、
今回はじめて知ってくださった方がほとんどでした。

学校では教えてくれないことを、たくさん教えてもらった。

「できる」という気持ちが大切。

刺激が大事だと改めてわかった。

あきらめちゃいけない。

知らないことがいっぱいあったし、
コミュニケーションの方法も本当にいろいろあるんだと知った。

仲間のおかげで、この映画に出逢えたことを感謝したい。

この映画を一人で受け止められないのではないかと思って、友人も誘った。

かっこちゃんの言っていたとおり、
知ったからには、映画のこと、白雪姫プロジェクトのこと、伝えていく。


映画の後、皆さんが貴重な感想を伝えてくださいました。
そして、自分も伝えていくよと言ってくださいました。


前回参加してくださった市議さんからもその後連絡があり、
「議長と一緒に、上映会の準備をすすめている。
議会中はなかなか難しいのではないかという話しも出ているが、
10月中には開催ができるのではないか・・・と考えている。」
と、本気の思いも伝えて頂いています。

他の参加者さんからも、
「仕事が終わった後、職場の仲間と一緒に観たいんだけど。」という
お問い合わせもいただきました。

『僕道』に出逢ってくださった皆さんが、自分のこととしてとらえ、
これから、自分が何ができるかを真剣に考えてくださる・・・

優しくて、ありがたくて、涙がこぼれます。


昨日参加してくださった中に、Mちゃんのご両親もいらっしゃいました。
Mちゃんとたけちゃんは保育園の同級生で
ママ友で、今回の上映会も一緒にやってくれているともちゃんファミリーとも同じマンションで、
卒園後も仲良くさせていただいているのですが、
お父さんが消防署にお勤めで、
実は昨年11月に心停止を起こした時に、救急隊員として、関わってくださっていて、
たけちゃんとも、とてもご縁があるのです。

今朝、Mちゃんのママから、嬉しいメールをいただきました。
許可をいただいたので、転載させていただきますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おはようごさいます~
昨日はお世話になりました

映画を観てジーーン
何て言うか・・・
変な知識?思い込み?先入観?からか
気付いていない可能性ってたーくさんあるんだな!
って思いました。
こりゃ―あたしも懺悔だな(^_^;)
やっぱり、知ったからには伝えなきゃね!

旦那はと言うと
マジコメントしていてウケました(笑)

が、昨日

「実は白雪姫プロジェクトのような仕事をしたかった。
15年前から知っていたら消防なんかに入っていなかった・・・」

指談も本気でやりたいらしいです。
「でも、たけちゃんの指の動きがちっとも見えなかった」
←良く見てる(笑)

「そうめん、行きたい、仕事だ、休めるかな」
(注、ずっとお世話になっている子育てサークル「ポラリス」で、
今度流しそうめんのイベントがあるのです。
うちもともちゃんファミリーも参加予定。楽しみです♪)

「かっこちゃんに逢いたい、仕事だったかな、
なら、おかーさんが逢ってこいよ」

・・・本気でした。もしかすると転職するかもですね~。
ってか、今の仕事でもやるべきことがたくさんあるだろうに(笑)

何よりも
心停止を起こしたのに!!元気になったたけちゃんと
一緒に映画を観られたことに一番ウルウル。

あたし、誕生学でも泣くの我慢したのに~~~
たけちゃんにやられたー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素敵なご夫婦の会話を聞いて、こちらまでウルウルしてきました。

たけちゃんにもメールを読むと、こんな言葉を伝えました。

「早く気付けたかどうかが問題じゃないと思う。
たくさんの仕事や経験を積まれた今、
僕と出逢ってくれて、映画にも出逢ってくれた。
何も否定せず、全部受け止めてくれる人がどれだけいるだろうか?
だって、親でも信じてくれない人、たくさんいるよ。
なぜ信じてくれないのかわかるけど、
それで泣いている子も、たくさん知っている。

大切なのは、今、この映画に出逢い、
これからどうしていくのかということ。

僕の心臓が止まってしまった間、
お母さんはどんなに心細かっただろうと苦しくなるけれど、
たくさんの人が母を支えてくれて、
その中にはMちゃんのお父さんもいたと聞いています。
尊いお仕事をされてきたこと、どうぞ否定しないでください。

そして、白雪姫プロジェクトは、どんな仕事や立場であっても、
それぞれの居場所で本当のことを伝えられる、
幸せいっぱいのプロジェクトです。
僕の大切な仲間の一人として、Mちゃんのお父さんの居場所で、
このプロジェクトのことを伝え続けてくれたら、とても嬉しいです。

また会えますね。いつもありがとう。」


Mちゃんのお母さんに返信すると、お父さんにもすぐ転送してくださったと。
そして、実は昨夜のお話には続きがあったそうで、

「これから明けや休みは白雪姫プロジェクトに使いたい」宣言!!
まで、飛び出したとか。

心強い勇者が、また現れました~~~!!


上映会は3回目の明日へと続きます。
大岡市民活動センター(風車があるほうの建物)の和室で、
14時からです。
学校の友達のしゅうちゃん親子やMちゃん親子も来てくださるそうで、
またまた楽しみです。

広い場所でやりますので、当日参加の方も大歓迎です。

お近くの方、ぜひぜひお逢いできることを楽しみにしています♪

柴田先生がたけちゃんの学校に来て下さいました!!

ついにこの日が実現しました。
夏休みも終盤の今日、8月22日、
たけちゃんの学校の『特別支援教育研修会』に、
國學院大學の柴田保之先生が、講師として招かれたのです!!

指談でたけちゃんが思いを伝えられるようになった昨年から、
先生方の間で、たけちゃんのコミュニケーションに関わってくださっている柴田先生を、
一度学校にお呼びして、お話しを伺いたいと言って頂いていたのです。

校内のほとんどの教職の先生方と介助員の先生方、
ケース会議にずっと関わってくださっている、
特別支援学校のコーディネーターの先生と、福祉相談員さん、PTの先生、
そして、肢体不自由児学級に在籍のY君親子・・・と、
本当に大勢の方が参加して下さって、
柴田先生の講演を聞いて頂けました。

講演は発達障害のことやインクルーシブ教育の現状からお話しが始まり、
事前に準備してくださっていた資料をもとに、
柴田先生のこれまでの取り組みに話しが移りました。
たけちゃんと初めて出逢った時に綴った言葉をそのまま紹介してくださり、
その後に出逢う中途障害の方とたけちゃんの筆談(指談)の違いについても、
わかりやすく説明してくださいました。
筆談のやり方についての説明もあり、
講演後には実際にY君と筆談する様子を、先生方にも見て頂けました。

参加された先生からは、
「とてもわかりやすいお話しだった。」とか、
「先生のスイッチを、ぜひ使ってみたい。」という言葉も聞かれました。

福祉相談員さんは、話しの途中で出てきた宮ぷーさんやまーくんのことをからめて、
今度『僕のうしろに道はできる』の上映会もあることをアピールしてくださいました。
チラシを受け取ってくださって、都合が合えば行きたいと言ってくださる先生もいらして、
自分が9月いっぱいまでDVDを管理させていただけるので、
学校で観て頂いても良いし・・・というお話しもさせて頂きました。

柴田先生はとても丁寧に言葉を選びながら、お話ししてくださっていました。
きんこんの会の時のように、たけちゃんの言葉を通訳することはありませんでしたが、
たけちゃんの在籍する地域の小学校で柴田先生のお話しを聞いて頂いたことは、
本当に貴重で嬉しくて、幸せなことで、
ついつい涙が溢れそうになります。
先生方ができるできないを抜きにして、
たけちゃんやY君や、他の子供たちの言葉を知りたいと、近づきたいと思ってくださっている・・・
それがわかっただけでも、本当に嬉しい時間でした。


帰宅後、6年生のお姉ちゃんに記録をお願いして、
今日の感想をたけちゃんに聞きました。
(全文平仮名ですが、読みやすいように、漢字変換しています。)

「すごくたくさんの(学校の)先生達が柴田先生の話しを聞いてくれて嬉しかった。
僕はただ聞いていることしかできなくて、
何度も柴田先生を助けてあげたいと思ったけど、
今はまだまだ、たくさんのことを一度には受け止めてもらえるわけではないと思うから、
これで良かったという気持ちになってきたよ。
なかなか自分のように重い障害がある子供が言葉をもっているなんて、
理解してもらえないのが当たり前の今なのに、
今日こうして柴田先生が学校の先生の呼びかけにこたえる形で、
充分な時間ではないにしても、
僕のような難しいケースの子や自閉症といわれる子にも、
発達障害・知能障害と言われる子も、中途障害と言われる人も、
みんなに言葉があるということをはっきり伝えてくれたから、
目に見えなくても感じることを、
先生達も少しは考えるきっかけになったと思う。

ぼくはあの学校にいる、ただそれだけで、
僕の周りの他の人がたくさん繋がって広がって
嬉しい毎日を生み出していくのが、本当に幸せだと思う。

僕はまだ社会のルールはわからないけれど、
柴田先生は、先生達の常識を良く知っているうえで話してくれて、
やっぱり凄い先生なんだなと思った。

Yちゃんに言葉があることも、きっと前よりよくわかってもらえると思うと、
僕はまた、たくさんの人に繋げる喜びを感じてしまうから、
自分のやるべきことはまず優先して、
時々頑張ることが出来る範囲で繋げていく役割を担当させてもらうよ。
だって、僕はまだまだやることがいっぱいあるから。
お母さん、いっぱい迷惑ばかりかけるけど、一緒にいてください。

お姉ちゃんがいてくれて、お姉ちゃんが指談をできなかったら、
今日の日を迎えることは絶対になかったと思うから、
いつもお姉ちゃんのことを尊敬しているよ。
妹みたいに華奢なお姉ちゃんだけど、その強いハートが
僕をいつも勇気づけてくれるから、僕は頑張れるよ。ありがとう。
がんばるから、応援していてね。

はい、おわり。」


最近は、あまり積極的にたけちゃんと指談でお話ししなくなってきたお姉ちゃんですが、
おもいがけず、たけちゃんにお礼を言われて、
なんだかたけちゃんといっぱいお話ししたくなったようです。

「たけは、動物や植物とも話しができるのかな?」と私に聞くので、
「たけちゃんと直接話せばいいじゃない?」と促すと、
「あ、そうだよね。」と言って、指談で話し始めました。


姉 :たけは植物とも話せるの?
たけ:心があれば、誰でもできる(話せる)
母 :植物にも心はあるの?
たけ:○
母 :触れなくても植物と話せる?
たけ:動きでどんな感情かわかる。
母 :風が吹いて揺れている時っていうこと?
たけ:風が吹いていなくても、太陽が植物に当たることで、どれくらい嬉しいか悲しいかがわかる。
母 :夜は?
たけ:月や星が出ている時は、その植物が嬉しい時。
ひな:夜、その植物が悲しい時は?
たけ:月や星が雲に隠れていたり、植物に光が当たっていない時。
ひな:嬉しい時は、植物が輝いているの!?
たけ:(しっかりとまばたきで返事、パチクリ)


たけちゃんとお姉ちゃんと3人で、こんな話しができることも、
とても嬉しくなります。
そして子供たちの感性や気付きの素晴らしさに、
私はいつもいつも驚かされているな・・・と思います。
子供たちが素敵なお話しをしてくれたのに、私にはお返しに贈る言葉が見つからないので、
久しぶりに二人に『葉っぱのフレディ』の読み聞かせをしました。

「いのちを考える」この本は、たけちゃんの状態によっては、
苦しくて辛くて、泣けて泣けて、読めない時もありました。
たけちゃんの言葉を聞いた後で、
今日はなんだかとても楽しく、嬉しい気持ちで読みました。


幸せいっぱいの夜です。
ありがとうございます。

少人数制上映会をさせて頂いています。

たけちゃんと一緒に過ごしている日々で感じることは、
命の尊さだったり、みんなそのままで素敵だということだったり・・・
言葉で伝えることはとても難しいけれど、
とても大切な本当のこと。

素晴らしいご縁やスペシャルな機会をいただいて、
たけちゃんの命はいつもキラキラ輝かせていただいているな・・・と思います。

先日、白雪姫プロジェクトがご縁でお友達になったYちゃんに、
たけちゃんはこんなことを話しました。
「神様はいつだって、
鳥が空をはばたくような自由と、苦しみのあとの幸せと、
両方用意してくれて、どちらを選んでも良いようにしてくれている。
Yちゃんはどちらを選ぶ?

僕たちはいつだって、自分で決めてきたんだ。
自分で選んで、自分で決めた人生。
がんばるしかないよね。」

やるか、やらないか、続けるか終わりにするか・・・
ああ、いつだって、自分が決めてきたのかもしれないと、
たけちゃんの言葉を聞いて、改めて思うのです。


たけちゃんは重い障害がありながら、地域で生きる小学生として、
指談で綴った言葉を用いて、
あるいは言葉ではなくその存在自体で、
障害があってもなくても、共に生きることの大切さを
伝えていくことを選んだのかもしれません。

そして、白雪姫プロジェクトと出逢ってからは特に、
全ての人が深い思いを持っていて、言葉もあるということや、
人間の限りない可能性や、回復する可能性があるということを、
たけちゃんにしかできないやり方で、お伝えしているな・・・と思うのです。


その中で、映画『僕のうしろに道はできる』と出逢えたことは、
私達親子にとって、本当に大切なかけがえのない出来事でした。
身近の方に、いえ、世界中の方に、映画を観て頂いて、
この事実を知ってほしいと思いました。

地元でいつも私達親子に寄り添ってくださっているTちゃんが、
「『僕道』の上映会、少人数でも良いからやろうよ。」と後押ししてくれたこともあり、
夏休みを利用して、トライアル上映会を開催することになりました。


なかなか上映場所が決まらなくて、十分な告知もできませんでしたが、
第1回目の8月12日の時は、市議会議員さんが参加してくださったのでした。
上映場所として職場の「地域活動センター」を提供してくださった先輩ママが、
開催数日前にたまたまこのセンターを訪れていた市議さんに、僕道のチラシを渡してくださっていて、
「まさか来ていただけるとは思わなかったのだけれど・・・」と、
とても驚かれていました。

せっかくの機会なので、たけちゃんの学校生活の様子を少しお話しさせて頂いてから、
映画を上映しました。
市議さんは途中メモをとったりしながら、
最後まで熱心に映画をご覧になっていました。

上映後、感想をうかがうと、
「こういうことを自分はまったく知らなくて、怠慢だったと反省している。
先程、小西さんに学校の話しを聞いたけれど、ああ、そうか、そうだな・・・って。
学校の子供達にも、ぜひ観てほしいと思う。
命がどれだけ大切か、それを活字で伝えるのは限界があって、
大切なことなのに、本当に難しくて・・・」
そこまでおっしゃって、急に涙をぽろぽろこぼされて、
しばらく言葉につまっていらっしゃいました。

「まず知ること、そして、伝えていくことだな~って。
市議会でも、ぜひ今日の映画のことを取り上げて、他の議員にも観てもらおうと思う。
上映会開催に、どれだけ賛同が得られるかわからないけれど、
市長と教育長には最低限観てもらえるように・・・
そうしたら教育委員会にも働きかけて、各学校にも上映会として
取り上げてもらえるかな・・・
どこまでできるかわからないけれど、
できることは協力させていただくよ。」とおっしゃって、
『僕のうしろに道はできる』の本もパンフレットも購入してくださいました。

市議さんの言葉に、何度も鳥肌がたちました。

かっこちゃんや宮ぷーさんが教えてくださることは、いつもいつも本当のこと。
やっちゃん監督が丁寧に作り上げたこの映画は、きっと広く皆さんに届いていくはず。

でも、たけちゃんの地元で、こんなふうに展開していくかもしれないとは、もちろん想像したこともなくて、
ただ、もう、何かが大きく動き始めていることだけは、しっかりと感じています。

白雪姫プロジェクトを知っていただくための、このチャンスを、
たけちゃんや支援してくださる皆さんと一緒に大切にしていきたいな・・・と思っています。

・・・ということで、あと3回、少人数制上映会を計画しています。
お近くの方でスケジュールの合う方、ぴんときた方、
ぜひぜひ、足をお運びいただければ嬉しいです。


・場所:RICE ON RICE  (東松山市松葉町2-17-43)
日時:8月26日(火)、9月6日(土)  いずれも11:30~
 料金:大人 1500円  小中高生 1000円 (食事つきで食後の上映となります)


・場所:大岡市民活動センター 和室 (風車のある方の建物です)
 日時:8月28日(木) 14:00~
 料金:大人 1080円  小中高生 540円


また、上記日程以外でも、上映場所、上映機材(DVDデッキ)の提供があれば、
映画をお届けできるかもしれませんので、どうぞご相談ください。

お申し込み・お問い合わせ:hinatakelove@yahoo.co.jp
障害を持つ子の親の会 えんぜる (小西)

必要とされている方に届きますように・・・
ありがとうございます。

プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。