FC2ブログ

しかけ布絵本と掛け算九九

たけちゃんが3年生に進級して3日目。
新しい担任の先生と介助員の先生は、短縮日課の限られた時間の中で、
たけちゃんのことを知ろうと、とても一生懸命に関わってくださっています。
お二人とも、地域の特別支援学級でやってこられたベテランの先生、
見えているのか、聞こえているのか、どのように反応するのか、いろいろ試しては、
口で、目で、表情で、体で一生懸命たけちゃんが伝えているサインを読み取ってくださって、
「わあ、ちゃんと返事してくれてる」「ちゃんと目を合わせてくれる」「質問にこたえてくれてる」と1つ1つの反応を喜んで受け止めてくださって、もう、あっという間に、たけちゃんのことを大好きになってくださったんだな…と嬉しくなります。

発育測定をしたり、集合写真を撮ったりと、まだまだ落ち着かない日程のなか、
今日の2時間目は「算数」の授業でした。
「数字の1はな~に?♪」と歌いながら、ブロックの数字を触ります。
布絵本でも1から10までの数をかぞえます。
理解力を確認しているので、たけちゃんもしっかり見て触って、先生に伝えようと頑張ります。

ひとつの布絵本を見るのに、それほど時間はかかりません。
それで、介助員の先生は、算数の勉強ではありませんが、他にもあったしかけ布絵本をたけちゃんにみせてくれました。2~3歳位を対象としたものでしょうか、「ボタンをはめてみましょう」「お片付けをしましょう」などといったページが続きます。

しばらくすると、「たけちゃん、見るのがちょっと疲れてきちゃったかな…?」と先生。
見るとたけちゃんの上の瞼と下の瞼が今にもくっつきそうです。
「休憩にしようか…」と言ってくださったのですが、これはチャンスかも!!と思った私は、おもいきって
「たけちゃん、もう少し、勉強っぽいのが良いかな?3年生の算数の教科書、持ってきてるよ」と声をかけてみました。
その瞬間、たけちゃんが目をぱっちり開けました。
先生はとても驚かれていましたが、教科書をひらいて見せてくださいました。
最初のページには、2年生の復習で「掛け算九九」の表が載っていました。
恐る恐る数字を指さしながら、先生が1の段を読み上げます。
すると、たけちゃんが合わせるように口をいっぱい動かすので、先生はさらに驚かれた様子で、
「えーっ!!たけちゃん、掛け算わかるの?」と聞きます。
「学校の授業では教えていただいてないんです。でも、たけちゃんが覚えたいと言うので、家のベッドサイドには九九の表が貼ってあるし、座る練習をするときは、いつも九九を暗唱しているんですよ」と伝えました。
先生が2の段、3の段と続けてくださいます。
今にも寝てしまいそうな勢いだったのに、目はしっかり教科書を見て、口もずっと動かし続けます。

「たけちゃん、先生わかったよ!! たけちゃん、算数の勉強、好きなんだね。数字なんて、もうとっくにわかっていて、教科書の勉強がしたいんだね!!」と言ってくださいました。
「どうしてもこういう(目を閉じるなどの)反応をすると、疲れているとか、ここまで理解できない…と思われるかもしれませんが、もうそういうことはすでに理解しているから、もっと上の勉強がしたいから、そのことを伝える術がなくて、シャットアウトするようなこともあるんだって、たけちゃんを見ていると気づかされることがよくあります。」と伝えると、
「びっくりしたけど、今のたけちゃんを見れば本当にそうだな…って、よくわかります。
たけちゃん、先生、もう十何年も介助員の仕事しているけど、九九を教えたのは初めてよ!!
掛け算がわかっているなら、割り算もできるね!!うわー、すごい。
たけちゃんとお勉強するの、とってもとっても楽しみになってきたー!!」と言ってくださいました。

さらに、その後の業間休みには、2年生の子と5年生のお友達が教室に来てくれました。
「たけちゃん、遊びにきたよー!!」
「たけちゃん、転校生を紹介しにきたよー!!」とぞろぞろ入ってきます。
たけちゃんが廊下を通れば、みんな当たり前のように道をあけてくれるし、
坂道では頭が下がらないように、ストレッチャーの向きを変えることも当然知っていて、頼んでいないのに、自然にお手伝いしてくれた4年生…

先生達にはたけちゃんとの学校生活が、驚くことの連続のようです。
「前の学校は特別支援学級の校舎と普通学級の校舎が別だったし、
他の学年の子との交流なんて、まずなかったんです。そういうのが苦手な子もいるし…
でも、そうですよね。せっかく地域の学校に来ているんですもんね。
こんなふうにいろんな学年のお友達と当たり前に交流ができていて、本当に素敵ね」と言ってくださいました。


帰宅後の、今日のたけちゃんの感想
「まいにち うきうきすることばかりで うれしい。
てで みんなと はなしがしたい。 こんど やってみよう。」

たけちゃんの前向きな姿に、いつもいつも励まされて、元気をもらっている母です。
「うんうん、今度 やってみよう!!」
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すごいですね~(*^^*)☆

☆彩さん☆

たけちゃん、九九をお勉強中なんですか?(*^^*)

声で話せなくて、体も自由に動かせなくて、何もわかってないんじゃないかと思う人もたくさんいると思うんですけど、そうじゃないんだということを、たけちゃんのことを解ろうとしてくれている先生がいて、嬉しいですね。

なんかうまく文章に出来ないんですけど(^_^;)読みながら涙が出てきちゃいました。(/_;)

Re: すごいですね~(*^^*)☆

★ひろっちぃ~☆さん
はい、お勉強大好きなんです。
日常の周りにある情報から、たくさんのことをピックアップして、日々学びを深めています。

たけちゃんにとって学ぶということは、「自分のように障害が重いと言われている者も、共に生きている同じ人間なんだということを、世間の皆さんに知っていただくため」なんだそうです。
たけちゃん、かなりかっこいいでしょ(#^.^#)

時間がかかっても、社会の理解が少しでも進むように頑張ります。ありがとうございます。

映画を観ているみたい。

もよこです。

あやちゃん。
凄いね。
みやぷーさんの映画を観てるみたい。
たけちゃん、最高にカッコイイ\(^o^)/。
これから、たくさん、楽しみだね。

暑くなったり、寒くなったり。皆、風邪、引かないようにね。

Re: 映画を観ているみたい。

もよこさん。
映画を観ているみたい…
うふふ、素敵なコメント~~~。ありがとう(#^.^#)
お姉ちゃんがもう立派に通訳してくれるようになって、たけちゃんの中でも、伝えられる、伝えたいという気持ちが、ぐんぐん伸びてきている気がするので、そのあらわれでしょうか…
受け止めてくださる先生にも感謝ですね。
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR