FC2ブログ

心拍数の不思議

昨日、今日と、たけちゃんは痰が多くて学校をお休みしています。
幸い熱はなく、痰も多いけどきれいで、呼吸もしっかりしています。
大丈夫。こんな時は、ゆっくり休もうね。

たけちゃんは、自分の力だけでは十分に酸素を取り込むことができないので、
24時間酸素吸入が必要です。
体にきちんと酸素を取り込めているかを確認するために、モニターも24時間付けていますが、
そこには心拍数も表示されます。
モニターは、大切なたけちゃんの声の代わりでもあります。
「元気だよ」「苦しいよ」「眠い」「嬉しい」「緊張する」「悲しい」「さびしい」…
いろんな感情を心拍数の変化でも伝えてくれます。
たけちゃんは口で言葉を伝えることは難しいし、体も思うように動かせないので、
本当にいろいろな手段で、思いを伝えてくれるな…と思うのです。
普通に言葉をしゃべることができたら、ここまで器用に心拍数をコントロールさせるなんて
きっとできないだろうな…と、関心しきりです。
ただ残念なのは、ポーカーフェイスの時も、寝たふりの時も、本当はどんな気持ちでいるか、
モニターの数値見られちゃうと、ばれちゃうんだな…

もちろん、体調の変化もすぐに数値にあらわれます。
まず普段よりも心拍数が50も60も高くなって、それから熱が出たり、痰が汚くなったりするのです。
一時的な心拍数の変化は感情の表れだけど、その値がしばらく続くと、
「ああ、これは何かくるぞ」と、私にも心の準備の時間をくれるのです。

実は先日の「僕のうしろに道はできる」東京イベントの前夜もそうでした。
子供会の役員の引き継ぎの為、4年生のお姉ちゃんとたけちゃんは留守番をしてもらいました。
仕事で帰りが遅くなりがちの主人にも、この日は頑張って早く帰ってきてもらいました。
私が帰宅したのは夜の22時過ぎでしたが、「特に変わった様子はなかったよ」ということでした。
でもその後、私の帰りを待っていたかのように心拍数がぐんぐん上がっていくのです。
小学校を入学してからというもの、ほとんど体調を崩したことがなかったたけちゃん、
私は正直「え、このタイミングで…」と思ってしまいました。
「僕道東京イベント」で、実はたけちゃん、國學院大學の柴田先生の講演会の時に、
前に出てきて、柴田先生に通訳していただくところを、会場の皆さんにみていただくという、
とても大切なお仕事をいただいていたのです。

170まで上がった心拍数はいっこうに下がることなく、やっぱり、37.4℃、熱が上がってきました。
痰もいっぱい出てきて、眠いのにほとんど寝ることができません。
「申し訳ないけど、今回のイベントは参加することができない…きっと参加できない大切な理由があるんだ」と
あきらめかけていた明け方になって、心拍数が徐々に下がり始め、
うとうとと、たけちゃんが眠り始めました。

約2時間後、たけちゃんがぱっちり目を覚ましました。
熱は下がっていて、心拍数も130代まで落ち着いてきていました。
痰が多いのですが、たけちゃんは会場に行くと言いました。
「今日は皆さんの前で、少しお話ししていいと言われた。
こんな機会をいただいて、僕はとてもラッキー。
仲間のためにも、僕行きたい。」
たけちゃんがそう望むなら、そうするのが一番良いのです。
スタッフの集合時間にはとても間に合いませんが、イベント開始までには十分間に合いそうでした。

東京の道路はとても混みます。この日は下北沢まで電車で移動する予定でした。
でも抵抗力は落ちているし、移動中少しでも休んでほしい、
具合が悪くなったら、すぐ引き返せばいいし…ということで、
3時間かけて車で会場に向かいました。
車の揺れで痰がいっぱい引けました。
車で移動慣れしているたけちゃんは、車内でも少し眠ることができました。

会場に着いてからのたけちゃんは、普段よりも痰こそ多いものの、とても落ち着いていて、
大役を立派に果たすだけでなく、終了後の懇親会にまで出席することができました。
たけちゃんが皆様の前で語ってくれたことはまた後日お話ししますね。

感動で泣きっぱなしだったのと、前夜の寝不足とでへろへろな母を尻目に、
たけちゃんは翌日も元気いっぱいでした。
「昨日の体調不良はなんだったんだろうね?」と主人に聞くと、
「たぶん、電車に乗るのが良くなかったってことなんじゃないかな?
ああでもならないと、電車で行ったでしょ?
昨日はきっと、電車に乗らない方が良かったんだよ」と言いました。

全ては良い風になっていく。だから大丈夫と、また、そんな風に思いました。
それにしても、たけちゃん、あなたやっぱりすごいわよ!!


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい!
たけちゃんの 思いを伝える力。
思いを キャッチする 折バラさんはじめご家族の力。
しっかり キャッチし合えば、誤解もなくなりますね。
それは 日常を丁寧に生きる事。
目先の事に追われ 忘れがち、大事な事を軽んじているのかもしれません。 私も 生活を振り返ってみようと思いました。
ありがとう。

No title

わあ、そんなことがあったのですね。たけちゃん、ありがとう。
ドキドキして、そして胸がきゅーんって、なって、そして、わあすごーいとまた思ってよみました。ちゃんと宇宙がいいようにしてくださる。お父さんのことばにそう思いました。あやちゃんありがとうございます。

Re: No title

きょんちゃん、鼓動1つ、呼吸1つにたけちゃんの思いを見出そうと向き合える時間、
こんなふうに私を親として育てていただいて幸せだな…と思います。ありがとう。

Re: No title

kakkkoちゃん、ありがとうございます。
寝る前にいつも「宇宙の約束」を心で唱えています。
たけちゃんが体調が不安定になると、やっぱり私の気持ちも不安定になるけど、
「すべてはいつかのいい日につながっている」と思うと、とっても心が穏やかになるのを感じます。
いつも大切なことを教えてくださって、心から感謝しています。ありがとう、kakkkoちゃん。
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR