FC2ブログ

鴻巣きんこんの会 また大きな風が吹きました

2週間ぶりのブログの更新になってしまいました。
たけちゃんは学校でも学校の外でも、ますますhappyな毎日を過ごしています。
新しいことにもチャレンジし始めて、ご報告したいこともたくさんあるのですが、
なかなか不器用な母なので、新しいことを始めると、
生活リズムを調整するのと、たけちゃんの体調管理でいっぱいいっぱいになり、
ブログに書きたいことが山ほどの毎日ですが、遠ざかってしまっていました。
ご心配くださった方、すみませんでした。

中身の濃い2週間をすっとばしてでも、大好きな皆さんと喜びを共有したいことがあったので、
先週の29日の鴻巣きんこんの会のことを書かせてくださいね。

たけちゃんの特別支援学級のクラスメートのSくんは、1日も早くたけちゃんの思いを通訳してあげたいと、毎日たけちゃんの手をとって、筆談にチャレンジしてくれています。担任や介助員の先生もその思いは一緒で、誰が一番最初に筆談ができるようになるか、たけちゃんの手を取り合う楽しみな毎日です。

少し前に、「今度たけちゃんのコミュニケーションに関わってくださる大学の先生(柴田先生)が鴻巣に来て、たけちゃんの仲間とお話しする会(きんこんの会)があるよ」と、一緒に学校の付き添いをしているSくんのお母さんにお話ししていたのですが、あとから、「それって参加することができる?」って聞いてきてくれたんです。
Sくんは内科的な疾患はあっても、コミュニケーションの問題は全くありません。
「たけちゃんと筆談ができるようになりたいから、Sも、私も…」
たけちゃんの身近で、そんなふうに言ってくれる方がいるだけで、本当に嬉しくて、胸がいっぱいになるのです。
当日は、リハビリの言語療法士さん、別の学校の特別支援学級のお友達のYくん、1・2年生の時の担任のM先生と娘さんも参加してくれました。


「鴻巣きんこんの会」が始まる前に、ハートオブミラクルの三浦きみちゃんと、娘さんのななちゃんと一緒にランチしました。「僕のうしろに道はできる 大阪イベント」の時に初めてお会いしたななちゃん、娘のひなりのことを気にかけてくれて、ひなりもお姉ちゃんが一人増えたようで、ずっとまた会いたいねって言っていて、嬉しい嬉しい再会でした。
2013_0629_124858-DSCN1479.jpg
二人ともすらっと背が高くて、美人さん、本当の姉妹みたい(*^_^*)

食事の後、筆談にもチャレンジしてくれました。
2013_0629_125121-DSCN1481.jpg
もちろん、先生はひなり。
ななちゃんもきみちゃんも、その場ですぐに○×が書けました!!
わーい、すごい、すごい\(^o^)/
また次に会えるのが、楽しみでなりません。


会場に着くと、たけちゃんのお友達や知り合いの方がいっぱいいらして、もうその場にいるだけで幸せな気持ちで泣いてしまいそうになりました。Sくんも約束どおりお母さんと来て下さいました。

鴻巣きんこんの会から誕生した芸術家達のミニ発表会からスタート。
なんと、たけちゃんが以前作った「僕の小さな世界」という歌も、披露してくれました。
歌ってくれたのは、映画「僕のうしろに道はできる」にも出演されているまーくんの妹さんと柴田先生。
2013_0629_141805-DSCN1483.jpg
「自分で言うのもおかしいけど、とても良い歌でした。今日歌ってもらった歌は、さびしかった時の小さな世界の歌です。今は仲間に囲まれて大きな世界で生きているので、そういう気持ちはもうないです。」そんな感想を話したたけちゃんでした。


ミニ発表会の後、当事者が中心の円になった、いつものきんこんの会のスタイルに変わりました。
見学に来たSくんも、たけちゃんの隣に来てくれました。
2013_0629_144643-DSCN1484.jpg

柴田先生の通訳のやり方を初めて目にしたSくん、私がたけちゃんといつもやっている筆談とはまったく異なるもので、きっとわけがわからなかったと思うのですが、Sくんの番が2番目で、すぐに回ってきました。
この時、柴田先生は何もSくんのことは知りません。Sくんがコミュニケーション上何も問題なく、会話できることは、もちろん知りませんでした。
ただ手をさわっているだけなのに、自分の中の言葉をスラスラと通訳されていくのを、Sくんは何度も「気持ち悪い」と連発しながら、恥ずかしそうに笑っていました。
後で、お母さんからメールをいただきました。

『突然行きたいと言ったのに、皆さん温かく迎えてくれて感激しました。
「先生の通訳」というので、手のひら書きで通訳するのかと思っていたのでびっくりです。
Sも「将来あの先生みたいになるのもいいかな?」と、将来の夢を広げていました。

最後までいられなくて残念でしたが、また機会があったら参加させてください。
親も子も、とても気分良く帰路に着きました♪』

休み明けの今日、Sくんは「あの先生には嘘つけないね」と笑いながら、たけちゃんの通訳をたくさんチャレンジしてくれました。その方法は、いつもの筆談の他に「あかさたなスキャン」も加わっていました。

柴田先生の通訳のやり方は、まだ科学的な証明が十分にされていないかもしれません。
でも、Sくんの言葉が全てを証明してくれたように思えて、私も尊晴も魂が揺さぶられるほど嬉しくて興奮しているのです。たけちゃんの周りで、また1つ、大きな大きな風がふきました。


前の担任の先生の娘さんのYちゃんや、言語療法士さんにも、後からたけちゃんの筆談にチャレンジしていただきました。
2013_0629_173536-DSCN1486.jpg
ひなり先生の教え方も良かったのかな、お二人とも○×、1~9の数字、「たけはる」のひらがなまで書くことができました!!
白雪隊のお友達のKちゃんは「ありがとう」を通訳してくれました。

すごいこと、嬉しいことがいっぱいの日になりました。



あーーー!!!!!たいへん。
今日、言語療法のリハビリの日だったのを、すっかり忘れていました(>_<)。
いっぱい感想を聞く約束だったのに、K先生、ごめんなさいーーー!!
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

きんこんの会♪

☆彩さん☆

わ~い(^-^)
新しいことって何だろう??またお話聞かせてくださいね~。

きんこんの会、あたしも参加したいなあ。
関西支部とかないかしら(笑)

ひなりちゃんに手伝ってもらいながらだったら、あたしも筆談できるかも♪その日がいつかわからないけど、楽しみになってきました~わくわく(^-^)

え~(>_<)
リハビリの日だったの忘れてたんですか??(笑)
・・・って、たけちゃん、言語療法のリハビリもしてるんですね~♪

いつか、たけちゃんの声聴けるのかなあ~。*^-^*



Re: きんこんの会♪

★ひろっちぃ~さん☆
移動が難しくない距離できんこんの会に参加できること、本当にありがたいな…と思っています。
柴田先生のようにはなかなか通訳できなくても、
筆談が出来る人は少しずつでも確実に増えています。
誰もが手を取り合って会話できるようになったら、
嬉しくて嬉しくて泣いちゃうね…
でもそうなるように、微力だけど、子供たちと一緒に伝えていきたいと思っています。
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR