FC2ブログ

イベントを主催させていただきました。

一昨日の10月12日、地元東松山市の野本コミュニティセンターで、
「誕生学」講演会&「1/4の奇跡」上映会を開催しました。


一緒に頑張ってくれた仲間は、地域の「障害を持つ子の親の会 えんぜる」のメンバー。
2013_1012_124451-DSCN1555.jpg
子供達もその兄弟も、パパももちろんママも、みんなでイベントを盛り上げてくれました。

そして、えんぜると誕生学を繋げてくださった、大切な方
2013_1012_123310-DSCN1553.jpg
左側の目がくりくりの美人さんが、この地域でヨガのインストラクターをされているりえさん。
真ん中のキラキラ美人さんが、誕生学で大人気の講師、青木千景さん。

あと、気付いてくださった方もいらっしゃると思いますが、
「僕のうしろに道はできる」のイベントスタッフTシャツを着て、
ハートオブミラクルさんや白雪姫プロジェクトの大切な仲間の皆さんに、
いつもそばで応援してもらっていた私。
皆さんのおかげで、今日の良き日を迎えることができました。

なぜか当日、子供たちの間でサングラスがはやっていたので、
このシャッターチャンスにたけちゃんも装着♪


りえさんは娘さんのNちゃんと一緒に、素敵な会場作りもしてくださいました。
2013_1012_130128-DSCN1560.jpg
「キラキラのいのち☆ありがとう」
「みんなちがって みんないい」
「ありのあままのじぶんを うけいれてあげよう」
・・・・・・・・・・
風船ひとつひとつに、とっても素敵なメッセージとイラストを書いて飾ってくださいました。
言葉のひとつひとつが胸にダイレクトに入ってきて、見るたびに涙がこみあげてくるのでした。

Nちゃんは市内の別の学校の6年生です。
初めてたけちゃんに会ったときから、たけちゃんのことを大好きになってくれて、
たけちゃんと話しがしたいと、今度埼玉きんこんの会にも参加してくださいます。
本当に心の温かい子で、イベント当日も、いっぱいたけちゃんに話しかけてくれました。

「はじめから ずっとそばにいてくれて なみだがでるほどうれしい ありがとう」
そう、たけちゃんがつたえると、はにかむNちゃんとは対照的に、大粒の涙をポロポロ流された、お母さんのりえさんと千景さんでした。
ああ、かっこちゃん、たけちゃんの周りはいつもいつも温かいよ…


2013_1012_134921-DSCN1562.jpg

誕生学の講演会、千景さんの優しい語り口によって、
「ただ生まれてくる」そのことが、
どんなに奇跡的で、神秘的で、尊いことなのか、
会場全体でそのことを温かく受け止めることができた時間になったと思います。

会場にはケーブルテレビの取材が入っていましたが、スタッフの方が
「仕事だから絶対に泣いてはいけないのに…」と言われながら、
ポロポロ流れる涙を何度も何度もぬぐっている姿が、とても印象的でした。

ご家族連れでいらしてくださった方もいましたが、
「私も子供も一緒に連れてくれば良かった。」
「今はただ生まれてきてくれてありがとうと、子供にも自分の両親にも、言って抱きしめたい」
・・・・・・・・・・
そんな素敵な素敵な感想の声をいただきました。


誕生学講演会の終了間際、一人の女性が会場に到着しました。
たけちゃんもかつてレスパイトでお世話になったS医師です。
S先生は在宅で過ごす子供達のことを、いつも心から考えてくださっている、本当に素敵な方です。
「『1/4の奇跡』は、前から観たいと思っていたの。
今日は絶対にイベントに参加したかったから、診察もあらかじめ前倒しして間に合うようにしていたけれど、最後の患者さんが時間かかってしまって、遅れちゃってごめんなさい。」とおっしゃいました。
本当に本当にお忙しい先生なのに、こうして会場に足をはこんでくださることが、
私達親子にとってどれだけ大きな勇気につながるか、ただただありがたい気持ちになるのですが…

「ねえ、あれってもしかして、たけちゃんが書いた言葉なの?」と声をかけていただきました。
実は会場内にパネル1つぶん、鹿児島の大切なお友達のひろとくんの絵とたけちゃんの言葉を飾らせていただいたのです。
2013_1014_104844-DSCN1565.jpg
別の件で、ひろとくんのお母さんの章子ちゃんが絵を送ってくださったのですが、
せっかくの機会なので、一緒に飾らせていただいて、
「どんな子にも思いがあるよ。その表現方法は違っても、みんなに深い思いがあるよ。」とお伝えしたかったのです。

S先生に、筆談(指談)のこと、きんこんの会のこと、そこで話される子供たちの言葉をお伝えしました。たけちゃんの言葉を、何枚も写真に撮ってくださって、「私も周りに伝えさせていただくよ。たけちゃん、これ、本にして、たくさんの人に伝えたほうが絶対いいよ!!」と、嬉しい言葉をかけてくださいました。

S先生の他にもたくさんの方がひろと君の絵やたけちゃんの言葉に見入ってくださって、心から「すごい、すごい」と感想を言ってくださいました。



「1/4の奇跡」の上映会では、子供達も真剣に観てくれました。
2013_1012_151751-DSCN1563.jpg

「どうして1/4なのか、その理由がよくわかった。」
「自分も1/4の人に支えられていると再確認した」
「大丈夫という言葉が心に響いた」
・・・・・・・・・・

たくさんの方に雪絵ちゃんの願いが届くように、
大好きな大好きなかっこちゃんに出逢っていただけるように、
私も微力ながらお伝えさせていただきました。
本当にたくさんの方が本を買ってくださって、
「私も知ってしまったから、周りに伝えていくよ」
「『僕のうしろに道はできる』もぜひ観たい」
「かっこちゃんにお逢いしたい」
「私の地元でも自主上映会したい」
と、嬉しい言葉をまたまたたくさんいただきました。

イベントに参加される前と後で、明らかに違う皆さんのお顔を拝見して
「ああ、やって良かった」と満たされる思いでいっぱいになりました。
それと同時に、次の展開でいろいろなイメージが湧き上がってくるのを感じました。
何度もイベントや上映会を開いてくださっている仲間の皆さんの気持ちが、
なんだかちょっとだけ実感できた気がしました。


講師の千景さんを駐車場に見送る時、空はとても夕焼けがきれいでした。
私はなんだか、宇宙がとても喜んでいるように感じてなりませんでした。
虹を探したけれど、残念ながら見つからなくて、でもあふれる感謝の思いで空を見上げました。
雪絵ちゃん、あーちゃん、離れた場所から応援して下さったたくさんの皆さんに、
「本当のこと、大切なこと、お伝えすることができました。ありがとう。」とお礼を言いました。


残念ながら虹は見れなかったのですが、最後にびっくりなサプライズ!!
もう真っ暗な中帰路に向かう途中、なんと季節外れの大きな打ち上げ花火が、
まるで私達親子を祝うように上がったのです。
一発、二発、三発…車の中で、もちろんたけちゃんも一緒に見ました。

ああ、やっぱり大成功!!
幸せをかみしめる一日の終わりでした。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう

涙がぼろぼろこぼれます。ありがとう。ありがとう。
たけちゃん、あやちゃん、本当にみんなあったかですね。大好きなたけちゃん、あやちゃんやご家族を思い出すだけでまた泣けてしまうのです。

かっこちゃん、 ありがとう♡

かっこちゃんにいただいたたくさんの愛を、
ほんの少しだけ、周りの方におすそわけしてきました。
私達がまいた幸せの種は本当にほんの少しだけ。
でも、かっこちゃんのあふれる愛にふれて、
きっときっと、大きな花が咲きそうです。
かっこちゃん、みんなを幸せにしてくれて、
本当に本当にありがとう。
大好きな大好きなかっこちゃんが、
いつも幸せな笑顔であふれていますように…

明音もきっと

あぁ、なんてあったかい空間…
そこにいなくとも、温度が伝わってきました。
私も重心の親子サークルで何度も1/4の上映会をしたのを思い出したよ…

あかね色の夕焼け…
きっと明音も、あやちゃんやたけちゃんに会いに行ったんだね。
雪絵ちゃんも、きっと喜んでくれてると思います。

皆さんの心に、優しい優しい虹が、ぱぁっとかかったように感じます。



あやちゃん。
明音のことも想ってくれて、本当に本当にありがとう。
今日は一日、虹がかかってたんだ。
またブログに虹を見にきてね♡

Re: 明音もきっと

こんともさん

たくさんの仲間の皆さんに支えられて、本当に温かな時間を過ごすことができました。
こんともさんのように、大切なこと、自分の言葉で皆さんにお伝えすることは、
今の私にはまだまだできないけど、でも、出逢っていただけました。
ああ、ここから始まる…そんなふうに思っています。

あーちゃんは、きっと雪絵ちゃんと一緒に見守ってくださっていたと思います。
こちらこそ、たくさんの勇気をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!!

こんともさんのブログも、また見に行かせていただきますね。

プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR