FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリギリのライン

たけちゃんが言葉を綴ってくれた日の夜、
またひとつ、たけちゃんに試練が訪れました。

26日朝、たけちゃんのもとに面会に行くと、
病室の前に救急カートが置いてありました。
担当の医師と看護師さんが、すぐに夜のエピソードを話して下さいました。

「状況はとても良くないです。
昨日の日中まで、なかなかおしっこが出なかったのですが、
夜になって、今度は出すぎるようになってしまったのです。
血圧が一時、ギリギリのライン、60台まで下がりました。
点滴を追加して、なんとか持ち直してくれましたが、
とても厳しいです。」

「そんな大変な夜を過ごした後の今なんですね。
わかりました。ありがとうございます。
たけちゃん、すごいね、頑張ってるね。
また、朝を迎えられたよ。ありがとう」

前日指談でたくさん言葉を伝えてくれたたけちゃんでしたが、
この日は一度もお話しできませんでした。
うんとうんと夜、頑張ってくれて、
今はエネルギーをしっかり蓄えている時なんだと思いました。
昼の間もすごい量の尿が出続けましたが、
血圧は90台をキープしてくれていました。

14時を過ぎたころ、たけちゃんが突然咳をしました。
苦しかったのか顔を少し赤らめて、涙がポロっとこぼれ落ちました。

そして、ゆっくり、たけちゃんがまぶたを開けたのです。
右足も動き始めました。

「わー!!たけちゃん、目があいたね!!」

看護師さんも担当の先生もすぐに来て下さいました。
瞳孔の反射をみたり、足裏を何度も刺激して、
「気がついたね、動かしているね」先生の表情も一気に明るくなりました。

吸引したり、体交しているうちに、目が閉じてきて、
長く目をあけることはできなかったものの、
たけちゃんの周りに、一気に希望の光が差し込んだようでした。

この状態で、再度指談を試みましたが、
たけちゃんの指の動きを読み取ることはできませんでした。

「たけちゃん、ありがとう。
みんなにわかるように、目をあけてくれてありがとう。
今夜はどうか、穏やかに過ごせますように」と願って、
病院を後にしました。


27日。突然の入院から1週間が過ぎました。
今朝もかっこちゃんや優さんから、温かいメールが届きました。
皆さんが祈り続けてくださっていることも、しっかり感じました。

今朝は、たけちゃんを守ってくれているものに、
声を出して「ありがとう」と伝えることからスタートしました。
「たけちゃんを休ませてくださるベッドさん、ありがとう。
たけちゃんの呼吸を助けてくれる呼吸器さん、一週間動き続けてくれてありがとう。
点滴の管さん、たけちゃんを助けてくださって本当にありがとう。
モニターさん、たけちゃんの変化をすぐに教えてくれてありがとう。
痰をとってくれる吸引機さん、ありがとう。
おしっこの管さん、どうぞたけちゃんをお願いします。
・・・・・・・」

今朝もすぐに担当の先生がいらしてくれました。
お休みもなく、睡眠もほとんどとれずに、たけちゃんを助けてくださっている先生、
ああ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

「おしっこの量が、どえらいことになっていまして…
出た分はとにかく点滴で補っているのですが…
腎臓の機能が回復する時に、たくさんおしっこが出るということもあるのですが、
今回はそのためなのか、脳の障害によるものか、やはり判断できないのです。
体の電解質のバランスは、まだなんとか保たれているのですが、
これだけおしっこの量が多いと、
またいつ不整脈が起きるともわからないし、
再び心臓が止まってしまう可能性も…」

日中付き添っている間も、脈がゆっくりになったり、血圧が低くなったりして、
モニターのアラームが時々鳴るようになりました。
そのたびに、自分の鼓動が速くなり、
たけちゃんの手を握っては、顔をなでては、
「大丈夫、大丈夫」と自分自身に言い聞かせました。

今日もまた指談を試みますが、一昨日のことが嘘のように、
たけちゃんの指から動きを感じることができませんでした。

でも、こんな状況でも、やはりたけちゃんは親孝行なのです。
時折目から、大粒の涙がこぼれて、一生懸命に何かを伝えようとしてくれます。
昨日よりも舌の動きを良く見せてくれて、
体拭きやおむつ交換の時には、目を開けてくれて、
私を安心させようとしてくれます。


連日の先生のシビアな説明やアラームの音に、
私はどこかで「ギリギリのライン」を決めそうになっていた自分に気付きました。
医療の中で目安になる値はあってしかるべきだと思います。
でもそれはたけちゃんにとっての限界ではありません。
人間の命はすごいんだということを、
可能性に限界はないんだということを、
いつもいつも教えてくれるたけちゃん

だいじょうぶ。だいじょうぶ。
たけちゃんは、だいじょうぶ。

たけちゃんが心配しないように、
明日の朝は笑顔でたけちゃんに会いに行こう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たけちゃんへ

先日、ひょんな事からたけちゃんを知りました。

たけちゃんは今、迫り来るものと一人で戦っている。

私は毎日たけちゃんに「死んじゃいけない!」と心で訴えています。

どうしても死という言葉は、ましてやたけちゃんみたいな子どもへは避けたい、聞きたくない言葉です。

でも病気の苦しみの中で、生きる事のみに専念しているたけちゃん。
そんな彼に私が一番思う事は、「あなたがいなくなるのはいや」という、結局は自分自身のエゴイズムのような気持ちです。

たけちゃんは、家族や仲間をとても愛している。

彼は自分の思いを声以外で伝える為に頑張ってきた。

だからこそ、私もそのままの思いを言葉にしたいのです。

たけちゃん、死んじゃいけない!

南半球からも祈ってます

たけちゃんのこと南半球からもお祈りしています。こちらの温かい気候と共に温かい癒しのエネルギーがたけちゃんに届きますように・・・

だいじょうぶ、だいじょうぶ(*^^*)

☆彩さん☆

たけちゃん、いっぱいがんばってますね(^_^)

だいじょうぶ、だいじょうぶ。何もかも全部全部、、、。

たけちゃんのこと、祈ってますね。

たけちゃんの側にいれてるから、あたしも安心できてるというか、パワーもらってますよ(*^^*)

たけちゃん、怖いのも痛いのも苦しいのも全部全部だいじょうぶだからね。

体しんどいかな。
少しでもリラックスして過ごせる時間がありますように。

彩さんも、ひなりちゃんも、パパさんも体調崩されませんように(^^)

たけちゃんとご家族のみなさま

たけちゃん、応援しています。何度か手をとらせていただき、指談も練習させてもらった東村山の大森です。たけちゃんの優しくて強い手と瞳を思い描きながら、深く、深く、祈っています。

そうだよ、彩ちゃん。
ドクターの厳しい宣告は
それまでの統計記録や目安、
単なる数字や確率であって、
その人の生きる力や可能性とは違うものね。

今、厳しい現実の真っ只中にいる彩ちゃんが、
そのことに気づいて信じて
そばにいてくれるのは、
たけちゃんにとっては最大のパワーだよ。

ありがとうも本当に素敵。
長期入院のお友達ママも言ってた。
点滴の刺入部にありがとうありがとうってさすっていたら、
流れるようになったって…

私もここから言い続けるね。
たけちゃんの心臓さんありがとう。
たけちゃんの腎臓さんありがとう。
たけちゃん。
たけちゃん。
みんな大好きだよ。

たけちゃんは、必ず、元気に!なります!

必ずたけちゃんは、元気になります!!!
宮ぷーさんは、倒れた時、唇から、舌を出したままでも、今は、一人暮らしの計画中。
ニワトリは、卵をかえすときに、母鶏が、卵の中にいるひなと、同時に、卵の殻を、くちばしで、突ついて、ひなが、卵の殻を、打ち破って、出てくることを、はしつつきと?言うそうですが、その卵の内側に居るひなの、突き方が、どんなに弱くても、母鶏が、ガンガン強くたたきつづけると、見事に、卵の殻は、割れ、雛が、出ることが、できるそうです。
それと同じ様に、今、どんなに弱っているたけちゃんでも、お母さんが、強く強く強く、さらに、強く強く、世界一、宇宙一のぱわーを、
たけちゃんに届け!と、
お母さんの命と、引き換えにしても、助けて下さいという、祈りが、叶わないわけはないと、確信します!
母親が、息子を、思う気持ち!に、勝てるものは、何もない!と、思います。
彩さん、ずっと、ずっと、ずっと、祈ってます!

No title

あやさん、たけちゃんが本当に頑張っていますね。かっこちゃんの魔法の杖が聞いてほしいと願うばかりです。私はなにもできないのですがとにかく祈っています。

Re: たけちゃんへ

Kaori Miyaoka様
コメントをありがとうございます。
なかなかお返事ができず、申し訳ありません。
たけちゃんがこういう状態だからこそ言えることは、
たけちゃんはけっして一人ではありません。
みんなで1つの命を生きているんだということを、
たけちゃんは教えてくれています。
みなさんの祈りと温かい愛に包まれて、
たけちゃんは大丈夫です。
ありがとうございます。

Re: 南半球からも祈ってます

順子さん、
きっと、かっこちゃんの大切な旅のお友達の方ですね。
南半球からの祈り、嬉しいです。ありがとうございます。
たけちゃんを支える愛は、とってもとってもあったかいです。

Re: だいじょうぶ、だいじょうぶ(*^^*)

ひろっちぃ~さん
ありがとう。ずっとずっとたけちゃんのそばにいてくださって、
祈り続けてくださって、本当にありがとうございます。
うん、だいじょうぶだね。

Re: たけちゃんとご家族のみなさま

大森さん
祈ってくださってありがとうございます。
たけちゃん、必ずまた会いに行きます。
またお話ししてあげてくださいね。

Re: タイトルなし

こんともさん
勇気をいっぱい、ありがとう。
あーちゃんに寄り添ったこんともさんのように、
たけちゃんに寄り添える自分でいたいと思います。
私の心の中も、みなさんの愛でぽかぽかあったかいよ。
ありがとう。大好き。

Re: たけちゃんは、必ず、元気に!なります!

ルーちゃんママさん
コメント、ありがとうございます。
にわとりさんのお話、教えてくださって嬉しいです。

たけちゃんは、いつもいつも私の願いを叶えてくれました。
助けてもらっているのはいつも私のほうなんです。
だから、今回もきっと、たけちゃんはだいじょうぶです。
祈ってくださって、本当にありがとうございます。

Re: No title

お多福さん
いいえ、こうして繋がってくださって、祈り続けてくださることで、
どれだけ救われているかわかりません。
本当に、ありがとうございます。
勇者たけちゃんがかっこちゃんの魔法の杖を手にしたのだから、
怖いものなしです!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。