FC2ブログ

学校に戻りました!!

運動会の後から、ちょっと前を向けない不安定な日々がありました。
言葉を発すれば、そんなことはたけちゃんは望んでいないとわかっていながら、
誰かを責めたり傷つけてしまう自分がいて、ブログも書くことができずにいました。

気持ち的には「どんぞこ」という言葉がぴったりの時間でしたが、
そんな中で気付いたことがありました。

どんな時も、私が笑っているとたけちゃんが笑ってくれて、
たけちゃんが笑ってくれると、私ももっと笑顔になること。
どんなことも、正しいとか間違っているとか、
そんな簡単に決められないということ。
譲れないことは、譲らない。
でもそれ以外のことは、納得できるとかできないとかじゃなく、
ただ受け止めていけばいいんだって・・・

親子で気持ちが少し切り替えられるようになると、
不思議なくらい嬉しいことが次々と舞い降りてきました。
かけがえのない出会いがあったり、嬉しい再会があったり…

ここ数日のうちで、いったい何人の方に言ってもらったでしょうか?
「たけちゃんと出逢えて、本当に良かった。」と。

つらいこともいっぱい。でも、その何倍も嬉しいことがいっぱい。
感動いっぱいのこの人生に、
たけちゃんはたけちゃんで、私は私で、
やっぱり大成功!!と思うのです。


学校のことで大きく動き出したのは先週のことです。
6月5日に調整会議というものがあり、そこでの助言を受けて、
9日の夕方、学校で話し合いがありました。
教育委員会の先生から、調整会議で話されたことの報告があり、
そこではたけちゃんを地域の学校から排除するような発言ではなく、
いかにいろんな分野で、たけちゃんの学校生活を守っていくか・・・という、
積極的な話し合いがあったそうです。
これまでにも教育・医療・福祉の連携は掲げられていましたが、
あくまでも紙面上のことだったり、とても表面的に感じざるを得なかったのですが、
今回の助言の中には、医療・福祉関係者からも、
具体的に、こんなふうに学校の中に入って支援する方法があるという提示があったり、
教育委員会からも、実際に学校に専門職の方に来て頂いて、
学校生活を見て頂きながら、助言いただくということも、
今後積極的に取り入れていくという、心強い意見を頂きました。

ずっと閉鎖的と思われていた公立の小学校が、ここまで門を開いたということは、
本当に大きなことだと思います。
どんなに重い障害があったとしても、たくさんの支援が必要だとしても、
ここにたけちゃんがいるということ、そのことがいかに大切かということを、
改めて実感しています。

一通りの調整会議の報告の後、今後のたけちゃんの登校について話し合われました。
教育長や校長先生の前で、たけちゃんは指談で
「早くみんなと同じスケジュールで過ごしたい。」ということをお伝えしました。
毎日登校できるかどうか、こればかりは、やってみないとわからないけれど、
自分の体はたけちゃん自身が一番わかっているし、
たけちゃんの思いを尊重してほしいと私からもお伝えしました。
たまたま火曜・水曜と家庭訪問週間で、学校全体が4時間授業なので、
2日間、時間割通りでスタートしてみよう、
その様子を見て、木曜・金曜のスケジュールを判断しようということになりました。

生活リズムを整えながらのスタートでは、当然まぶたが開かない時間もありました。
「耳で一生懸命聞いているけれど、目が重くて・・・」ということがありましたが、
先生方はモニターの値や指談のたけちゃんの言葉を確認しながら、
たけちゃんの内と外にあらわれることの違いを、とても丁寧に知ろうとしてくださいました。
毎日1時間は4年生との交流授業があり、
道徳や社会の授業など、たけちゃんにも発表の機会を与えてくださるのでした。
「この学校に、たけちゃんの居場所はちゃんとあった。」と、
何度も何度も感じて、喜びをかみしめています。

学校がスタートして一番に感じることは、先生方がたけちゃんの言葉を知りたいと思ってくださることでした。
「たけちゃん、今、どう思っていますか?
たけちゃんも意見、発表する?
先生達も指談ていうの? その方法でたけちゃんとお話しできるようになりたいよ。」
そう言ってくださって、
学校にぜひ一度、柴田先生をお呼びしたいと、
すでにスケジュール調整まで話が進んでいます。
本当に嬉しく、ありがたく、涙があふれそうになります。

2日間過ごしてみて、翌日からのスケジュールをどうしようかという話しになりました。
日常生活が整わない大変さはあるものの、
帰宅後の睡眠状況や、一般状態、疲れの残り具合、たけちゃんの反応などから、
おそらく6時間授業でも大丈夫ではないかと判断しましたが、
学校の先生方の意見は
「今週はこのまま無理しないで4時間授業にして、
来週から時間割通りにしたらどうだろうか?」ということでした。

たけちゃんの意見は「みんなと同じスケジュールで」というものでしたが、
先生の意見を聞いた後、たけちゃんが答えたことは、
「母は良いって言ったけど、
やっぱり学校のことなので、先生がそう判断したのなら、
僕は先生の意見に従おうと思います。」と言い、
先生も「ありがとう。」と言ってくださいました。
「もちろん、4時間授業は今週いっぱいで、
来週からは、みんなと同じ時間割で来てね。」と、
とても快くお話ししてくださいました。

先生のお話しを聞いて、もしも私が
「いえ、それはたけちゃんの思いとは違いますから。」と
先生の提案を否定したとしたら、きっと気まずい空気が流れたと思います。

ただ、受け止める…
たけちゃん、すごいな…
ただただ、たけちゃんの言葉に学ぶことばかりです。


嬉しいことは、学校の中だけではありません。
土曜日は1カ月ぶりに血ガスの検査をしました。
前回の結果を受けて、この1カ月、
毎日8時間、長い時は10時間、呼吸器をはずしていました。
自発呼吸で無理があれば、血液中の二酸化炭素の値が上昇してしまうのですが、
今回の結果、二酸化炭素の値は先月よりも下がっていました。
聴診しても、しっかり空気が入っているとのこと、
急変前と同じように、夜間のみの呼吸器の使用に戻せることになりました!!

「たけちゃん、本当にすごいね!!
たけちゃんと出逢えて、お母さんとも出逢えて、
私、本当に嬉しいです。」と
N医師も目をきらきらさせて言ってくださいました。


学校のことでも、体調面でも、本当にたくさんの方にご心配を掛け続けてきました。
これからはきっと、嬉しいご報告がたくさんできると思います。
そう思うだけで、幸せな気持ちがあふれてきます。

いつも寄り添ってくださって、見守ってくださって、本当にありがとうございます。
たけちゃんは「ここからが再スタートだと思っている」と言います。
どうぞこれからも、私達親子をよろしくお願いします。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

嬉し涙

あ~ たけちゃんよかったですね!!
読んでいて嬉し涙がポロポロです(>_<)
たけちゃんのことばのひとつひとつに、子どもとか大人とかじゃなく、一人の人間としての言霊を感じます。

これからも、たけちゃんの“嬉しかったこと”のお話をたくさん教えてくださいね。

Re: 嬉し涙

カズノッチさん

離れた場所から、いつも気にかけてくださって、本当にありがとうございます。
facebookでは一足先に報告させていただいたのですが、ブログではすぐにお伝えできなくてごめんなさい。
たくさんご心配をおかけしましたが、これからはいっぱい嬉しいこと、報告させてくださいね~

No title

綾さん、cosmsの投稿も読ませていただきました。
たけちゃんが学校に、、、良かったぁ!!

綾さん、すごくよくわかります。
「白黒」「正しい、間違ってる」「善、悪」と二者択一で真っ二つに物事を分けることなんて、ほんとに出来ないんですよね。昨今はどっちかに分けようとする流れが強いし、想いが強ければ強いほど、自分もそっちに往々にして流されそうになるけど。。。

受け止める、ああ、本当にそうです。
一回受け止めて、納得行くまで議論する、対話する、そこから初めて、白黒どっちかじゃない、新しい色や新しい形、新しい道や価値が開けるんですよね、きっと。時々とっても難しいけど、、私もそうありたいなぁ。それができるたけちゃん、綾さんのこと、尊敬します。cosmosの歌、とっても素敵ですね!いつも大切なこと、ありがとう小西家の皆さん!

Re: No title

花さん

受け止める…私にはなかなかできないのです。
私にできることは、たけちゃんの思いを大切にすることだけ。
指談していると「うそー、たけちゃん、そんなこと言っちゃうの~?」と、びっくりすることがいっぱいあります。だってそれはたけちゃんの思いとは違うことだから…
なのに、たけちゃんがそう受け止めて、言葉にすることが、
誰かを責めるでも傷つけるでもなく、
一番いいふうになっていくんだな…ということばかり続いています。

まったく、どこまでもすごい子で、私は置いていかれないように、ただただついていくのがやっとなんです~!!

No title

綾さん

綾さんがそんな風に精一杯、たけちゃんの気持ちを「大事にして受け止め」てくれるワンクッションがあるからこそ、たけちゃんを守ろうと、ご自身の想いや外部の人やいろんな状況との間で葛藤してくれるワンクッションがあるからこそ、その分たけちゃんは安心できて落ち着けて、時には切ないくらいに大人な対応だって、出来ちゃったりするのかなぁと思いました。そういう意味で、やっぱり勇者の母、綾さんは、勇者たけちゃんをたけちゃんたらしめている、すごいたけちゃん守り女神(?!)だなあっていつも感じてます。綾さん、いつも応援しています!!んで、わたしもがんばりマッス! (^o^)

Re: No title

花さん

いつもたけちゃんに守ってもらっている私です(^_^;)
そんなふうに言っていただけて、役得ですね、ありがとうございます。
皆さんに寄り添っていただいて、勇気をいただいて、
こちらこそ、がんばります!!って気持ちがあふれてきます(*^_^*)
いつも、ありがとうございます。
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR