スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田先生がたけちゃんの学校に来て下さいました!!

ついにこの日が実現しました。
夏休みも終盤の今日、8月22日、
たけちゃんの学校の『特別支援教育研修会』に、
國學院大學の柴田保之先生が、講師として招かれたのです!!

指談でたけちゃんが思いを伝えられるようになった昨年から、
先生方の間で、たけちゃんのコミュニケーションに関わってくださっている柴田先生を、
一度学校にお呼びして、お話しを伺いたいと言って頂いていたのです。

校内のほとんどの教職の先生方と介助員の先生方、
ケース会議にずっと関わってくださっている、
特別支援学校のコーディネーターの先生と、福祉相談員さん、PTの先生、
そして、肢体不自由児学級に在籍のY君親子・・・と、
本当に大勢の方が参加して下さって、
柴田先生の講演を聞いて頂けました。

講演は発達障害のことやインクルーシブ教育の現状からお話しが始まり、
事前に準備してくださっていた資料をもとに、
柴田先生のこれまでの取り組みに話しが移りました。
たけちゃんと初めて出逢った時に綴った言葉をそのまま紹介してくださり、
その後に出逢う中途障害の方とたけちゃんの筆談(指談)の違いについても、
わかりやすく説明してくださいました。
筆談のやり方についての説明もあり、
講演後には実際にY君と筆談する様子を、先生方にも見て頂けました。

参加された先生からは、
「とてもわかりやすいお話しだった。」とか、
「先生のスイッチを、ぜひ使ってみたい。」という言葉も聞かれました。

福祉相談員さんは、話しの途中で出てきた宮ぷーさんやまーくんのことをからめて、
今度『僕のうしろに道はできる』の上映会もあることをアピールしてくださいました。
チラシを受け取ってくださって、都合が合えば行きたいと言ってくださる先生もいらして、
自分が9月いっぱいまでDVDを管理させていただけるので、
学校で観て頂いても良いし・・・というお話しもさせて頂きました。

柴田先生はとても丁寧に言葉を選びながら、お話ししてくださっていました。
きんこんの会の時のように、たけちゃんの言葉を通訳することはありませんでしたが、
たけちゃんの在籍する地域の小学校で柴田先生のお話しを聞いて頂いたことは、
本当に貴重で嬉しくて、幸せなことで、
ついつい涙が溢れそうになります。
先生方ができるできないを抜きにして、
たけちゃんやY君や、他の子供たちの言葉を知りたいと、近づきたいと思ってくださっている・・・
それがわかっただけでも、本当に嬉しい時間でした。


帰宅後、6年生のお姉ちゃんに記録をお願いして、
今日の感想をたけちゃんに聞きました。
(全文平仮名ですが、読みやすいように、漢字変換しています。)

「すごくたくさんの(学校の)先生達が柴田先生の話しを聞いてくれて嬉しかった。
僕はただ聞いていることしかできなくて、
何度も柴田先生を助けてあげたいと思ったけど、
今はまだまだ、たくさんのことを一度には受け止めてもらえるわけではないと思うから、
これで良かったという気持ちになってきたよ。
なかなか自分のように重い障害がある子供が言葉をもっているなんて、
理解してもらえないのが当たり前の今なのに、
今日こうして柴田先生が学校の先生の呼びかけにこたえる形で、
充分な時間ではないにしても、
僕のような難しいケースの子や自閉症といわれる子にも、
発達障害・知能障害と言われる子も、中途障害と言われる人も、
みんなに言葉があるということをはっきり伝えてくれたから、
目に見えなくても感じることを、
先生達も少しは考えるきっかけになったと思う。

ぼくはあの学校にいる、ただそれだけで、
僕の周りの他の人がたくさん繋がって広がって
嬉しい毎日を生み出していくのが、本当に幸せだと思う。

僕はまだ社会のルールはわからないけれど、
柴田先生は、先生達の常識を良く知っているうえで話してくれて、
やっぱり凄い先生なんだなと思った。

Yちゃんに言葉があることも、きっと前よりよくわかってもらえると思うと、
僕はまた、たくさんの人に繋げる喜びを感じてしまうから、
自分のやるべきことはまず優先して、
時々頑張ることが出来る範囲で繋げていく役割を担当させてもらうよ。
だって、僕はまだまだやることがいっぱいあるから。
お母さん、いっぱい迷惑ばかりかけるけど、一緒にいてください。

お姉ちゃんがいてくれて、お姉ちゃんが指談をできなかったら、
今日の日を迎えることは絶対になかったと思うから、
いつもお姉ちゃんのことを尊敬しているよ。
妹みたいに華奢なお姉ちゃんだけど、その強いハートが
僕をいつも勇気づけてくれるから、僕は頑張れるよ。ありがとう。
がんばるから、応援していてね。

はい、おわり。」


最近は、あまり積極的にたけちゃんと指談でお話ししなくなってきたお姉ちゃんですが、
おもいがけず、たけちゃんにお礼を言われて、
なんだかたけちゃんといっぱいお話ししたくなったようです。

「たけは、動物や植物とも話しができるのかな?」と私に聞くので、
「たけちゃんと直接話せばいいじゃない?」と促すと、
「あ、そうだよね。」と言って、指談で話し始めました。


姉 :たけは植物とも話せるの?
たけ:心があれば、誰でもできる(話せる)
母 :植物にも心はあるの?
たけ:○
母 :触れなくても植物と話せる?
たけ:動きでどんな感情かわかる。
母 :風が吹いて揺れている時っていうこと?
たけ:風が吹いていなくても、太陽が植物に当たることで、どれくらい嬉しいか悲しいかがわかる。
母 :夜は?
たけ:月や星が出ている時は、その植物が嬉しい時。
ひな:夜、その植物が悲しい時は?
たけ:月や星が雲に隠れていたり、植物に光が当たっていない時。
ひな:嬉しい時は、植物が輝いているの!?
たけ:(しっかりとまばたきで返事、パチクリ)


たけちゃんとお姉ちゃんと3人で、こんな話しができることも、
とても嬉しくなります。
そして子供たちの感性や気付きの素晴らしさに、
私はいつもいつも驚かされているな・・・と思います。
子供たちが素敵なお話しをしてくれたのに、私にはお返しに贈る言葉が見つからないので、
久しぶりに二人に『葉っぱのフレディ』の読み聞かせをしました。

「いのちを考える」この本は、たけちゃんの状態によっては、
苦しくて辛くて、泣けて泣けて、読めない時もありました。
たけちゃんの言葉を聞いた後で、
今日はなんだかとても楽しく、嬉しい気持ちで読みました。


幸せいっぱいの夜です。
ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

音声 マックスで

きゃあーーーーーーっ きゃあああ~~^~~っ
きゃああ ~~すごおいっ きゃああああああうれしいっっ

 (FBにお返事すると なになになに???となるかも
で、 ここで言わせて頂いたよ~~っ)
じゃ たけちゃん またね

Re: No title

machikoさん
私が知っている一番とびきりのmachikoさんの笑顔と、
一番ハイテンションな状態をイメージして、
コメントを読ませていただきました(#^.^#)
いつもたくさんの元気と勇気をいただいています。
ありがとう~~~!!!
プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。