スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種名人と龍

夏野菜の収穫が全て終わり、
なかよし(特別支援学級)農園は、冬野菜の種まきが始まりました。
単なる種まきの授業の予定も、
たけちゃんにかかると、驚きの展開になります。

今回蒔いたのは白菜の種です。
直径1mmにも満たない、小さな小さな種。

「こんなに小さな種から、あんなに大きな白菜ができるなんてね・・・」
私の疑問なんて、その程度のものですが、
たけちゃんの中ではまた、数々の疑問が膨れ上がってくるのです。

「どうしてこんなに黒い種から、白や緑の葉っぱが出てくるのかな?
種の中身は何色なんだろう?」

たけちゃんのその言葉を受けて、
「じゃあ、見てみようか。」と言って、
小さな小さな種を半分に切って見せてくださいました。
(おかげで、体の大きなO先生が実は手先が器用だということもわかりました。)

種の中身は白でも緑でもなく、クリーム色でしたが、
細かいモノを見るのがまだ苦手なたけちゃんは、
先生方がいろいろ工夫してくださるのですが、確認しづらそうでした。

その様子を見ていたベテランのI先生が、
「そうだ、たけちゃん、良いモノがあるよ。ちょっと待っていてね。」
何かひらめいたようで、
他の教室からほこりまみれの機械を持ってきてくれました。

『実物投影機』と書いてあるその機械は、
若い先生はおそらくその存在さえもご存知ないらしいもので、
テレビと接続してピントを合わせると、
種の様子を拡大した状態でテレビの画面に映し出されました。

「電子黒板の前身みたいなもの。」とI先生は表現されていましたが、
小さいモノや姿勢によっては見えづらいものも、
この機械があれば、もっとたけちゃんの理解は深まりそうです。

ちょうどメダカが卵を産んだところで、
「これなら卵の観察もしやすいね~。
いろいろ授業で使えそうだよ。」と、
O先生のイメージも大きく膨らんだようでした。

せっかく学校にあっても、誰にも使ってもらえなかった実物投影機、
ほこりもきれいに拭いてもらって、
なかよしの教室に新たな居場所ができました。
これからはたけちゃんの授業でたくさん活躍してもらえるといいな。


一方のたけちゃんはというと、
種の中身が白でも緑でもないことが、不思議でたまらない様子です。
「根っこの色は種の色と同じなのかな~。」そう言うと、

あらかじめI先生が鉢で発芽させていた白菜の苗を準備してくださっていて、
そのうちの1本を失敬して、
実物投影機に種と並べて置いてくださいました。

土や太陽や水と種との関係を考えて、
色に対する疑問は、どうやら自分の中で解決できたようです。

ずっと種を観察していて、たけちゃんはこんなことを言いました。

「種の中に全てがつまっている。
それは宇宙も同じ。
だったら、僕、種名人になろうかな?
種のことがなんでもわかるようになったら、
宇宙のことだってわかるようになるでしょ!?
宇宙に行って見てくるより、種の観察をするほうがむずかしくないでしょ!?」

1つの小さな種から大きな宇宙に思いを馳せることができるたけちゃん、
我が子ながら、その能力にほれぼれしてしまいます。


4年生の図工の授業は、毎年この時期龍の絵を描きます。
昔、この地域に悪龍がいて、人々が退治して池に沈めたという言い伝えがあるそうで、
「悪龍退治」というテーマで描くそうです。
地元の資料などでその話しのことを調べると、
「その言い伝えは、人々の勝手な解釈だと思う。」と、たけちゃんが話し始めました。

「きっと昔、龍はいたと思う。
龍と人は、もともとは仲良くしていたんだ。
でも、何かがあって、龍が現れなくなっている間に、人間が変わってしまった。

久しぶりに会えた人間と、龍はまた仲良くできると思っていたのに、
人間は龍を怖いと思ってしまったんだ。
どうして怖いと思うかわかる?
それは、龍のことを知っている人間がいなくなってしまったから。
知らないということは怖いんだよ。

それで、人々は勝手に龍が悪いものだと決めつけたんだと思う。

『悪龍退治』というテーマだとしても、
僕は涙を流している龍を描きたいです。」

指談を通して、先生に思いをしっかり伝えたたけちゃんでした。
そして、こんなことも。

「どうして龍が、悪いモノの象徴みたいになってしまったのだろう。
でも一方では、神様のようにも扱われている。

龍は僕と似ているかもしれない。」


たけちゃんの話しが本当のことかどうかなんか、
そんなことは問題ではなくて、
ただただ、たけちゃんの言葉に私は、
いつも心の奥の扉をノックされるような響きや衝撃があるな~と
感じているのです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

折りばら

Author:折りばら
たけちゃんに出会って、このブログを訪れてくださった皆様、ご縁をありがとうございます。
生まれつきの重い障がいをもちながら、地域で当たり前に生活できることを目指すたけちゃん、その周りはいつも愛と笑顔があふれています。時にはとびきり素敵な経験をさせていただくこともあります。
このブログを訪れてくださった皆様に暖かい風が吹くことを願って、たけちゃんの日常をお届けできたら嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。